ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事への直行便 > 平成28年度(2016年度) > ロアッソ熊本専用サッカー場の実現について

本文

ロアッソ熊本専用サッカー場の実現について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006919 更新日:2020年8月1日更新

ご意見・ご提案の内容

 ロアッソ熊本専用サッカー場を知事の力添えで実現できないか。

県からの回答

 今回ご提言いただいた専用サッカー場についてですが、ロアッソ熊本のホームスタジアムである熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)は、サッカー専用ではないもののJリーグのスタジアム規程をほぼ満たしており、県は、運営会社であるアスリートクラブ熊本株式会社と「地域活性化連携協定」を締結し、ロアッソ熊本に対して施設の優先使用等の支援を行っています。県としては、引き続きこのような支援を続けていきたいと考えています。
 全国的には、スポーツ文化の振興や地域振興等の視点から、スタジアム建設の機運が高まりつつあり、昨年10月に民間資金(寄付等)で新設された吹田市立サッカースタジアムの例もありますが、他自治体の試算では建設費が多額に上るとも聞いています。
 このようなことから、熊本県では現在、具体的な動きはありませんが、民間の機運が高まり、機が熟した際には、関係者間で検討を進めることになると考えています。

(平成28年4月回答 担当課:地域振興課)