ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事への直行便 > 平成27年度(2015年度) > 県営の駐車場などの障がい者割引について

本文

県営の駐車場などの障がい者割引について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006840 更新日:2020年8月1日更新

ご意見・ご提案の内容

 県営の駐車場などの障がい者割引を実施してほしい。割引や無料化が実施されれば、障がいを持った方が中心市街地へ出かけやすくなるし、観光客へのイメージアップにもつながると考える。

県からの回答

 県では、「熊本県高齢者、障がい者等の自立と社会的活動への参加の促進に関する条例」(通称「やさしいまちづくり条例」)に基づき、障がいのある方をはじめ、高齢の方、妊産婦の方などが、日常生活や社会生活を営む上での様々な障壁を取り除き、誰もが安心していきいきと暮らせるような社会づくりを進めることとしています。

 その一環として、障がいのある方等が食事やショッピングなどに安心して外出できるよう、県民への障がい者等用駐車場の適正な利用を促す「ハートフルパス制度」や、車いす等に対応したトイレの利用を開放している施設の情報を「おでかけ安心トイレ」として発信する取組みを行っています。

 また、障がいのある方々が、スポーツ、レクリエーション及び文化活動に参加しやすい社会環境づくりを進め、交流の輪を広げていただくため、県のスポーツ施設の使用料や文化施設の観覧料の免除制度も導入しています。

 さて、〇〇様のご意見にあります中心市街地には、熊本市安政町に「熊本県営有料駐車場」があります。当駐車場におきましては障がい者割引については現在実施していませんが、障がいのある方をはじめ県民の皆様が利用しやすい施設となるよう、様々なバリアフリー化に取り組んでいます。例えば、車いすを使用される方に対応した「障がい者専用駐車スペース」やオストメイト機能等を備えた多機能トイレの設置、更に平成26年度から「障がい者等優先スペース」を設けるなど、サービス面での充実を心がけております。

 今回の〇〇様のご意見も参考にさせていただき、県民の誰もが利用しやすい施設となるよう努めて参ります。

(平成28年1月回答 担当課:健康福祉政策課、障がい者支援課、企業局総務経営課)