ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事往来 > 平成27年度(2015年度) > 11月19日(木曜日)第5回阿蘇草原再生千年委員会(ステージ2)

本文

11月19日(木曜日)第5回阿蘇草原再生千年委員会(ステージ2)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006742 更新日:2020年8月1日更新

 11月19日(木曜日)、蒲島知事は、阿蘇地域の草原再生を官民で考える「阿蘇草原再生千年委員会(ステージ(2))」に出席しました。

 同委員会は、県内や福岡の行政、経済界、報道機関の代表などで組織されており、草原再生に向けた募金の支援や広報活動などを推進しています。

 知事は委員会の中で、「阿蘇の草原は、幸せ実感くまもと4カ年戦略の中で、百年の礎として悠久の宝に位置づけています。その中で、私は『かばしまイニシアティブNext』を打ち出し、その様々な取組みが形となって身を結んできています。そして、新たに草千里の野焼きに向けた検討会の設置と野草堆肥の供給システムの構築に取り組みます。草千里は、県の最も重要な観光資源の一つであり、野焼き再開は草原景観の保全・継承のシンボルとなります。阿蘇は今、世界農業遺産、世界ジオパークとホップ・ステップまで来ました。最後のジャンプである世界文化遺産という大輪の華を咲かせるために、これからも県がイニシアティブを取って、阿蘇の草原の魅力を全国、そして世界へと発信し、九州の宝を世界の宝に磨き上げていきたいと思います。」と述べました。

阿蘇草原再生千年委員会の様子①阿蘇草原再生千年委員会の様子②阿蘇草原再生千年委員会での知事発言