ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事への直行便 > 平成24年度(2012年度) > ひとり親家庭支援に関するご意見

本文

ひとり親家庭支援に関するご意見

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006396 更新日:2020年8月1日更新

 何年か前から、ひとり親家庭の子ども達のために、学習塾へ低料金で通える制度を作っていただきありがとうございます。このような制度は、とてもありがたいものですが、私たちの住む地域には全く塾がありません。遠くの塾まで連れて行くのも負担ですので、寺子屋があれば助かります。ご検討をお願いします。 (県内 40代)

県からの回答

 この度のお便りは、ひとり親家庭の子どもたちに対する学習支援についてのご意見として承りました。
 ひとり親家庭の皆さんは、就労や生活、子育てなどの不安を抱え、非常にご苦労されていることと思います。皆さんが、自立し、安心して生活いただけるような環境づくりを進めるため、一昨年から「ひとり親家庭等応援事業」において就労支援や生活支援、子育て支援など幅広く取り組んだ結果、多くの方々にご利用いただいたところです。
 「ひとり親家庭等応援事業」は非常に多岐にわたる事業ですが、全体を通して言えることは「子どもたちの夢の実現」のための取組みだということです。特に、経済的な理由などで子どもたちが夢をあきらめるようなことがあってはならない、夢をかなえるために一所懸命努力するチャンスを全ての子どもたちに与える責務がある、との思いから、学習支援事業にも取り組むこととしたものです。
 学習支援事業では、県内各地の子どもたちが参加できるよう、学習塾のネットワークを活用し県内11地域に教室を開設しました。しかし、ご指摘のとおり、お住まいの地域によっては教室に通うのが難しく、ご不便を感じられた方もいらっしゃったものと思います。
 現在、蒲島県政2期目の指針であります「4ヵ年戦略」を策定中です。「ひとり親家庭等応援事業」は3月末をもって一旦終了することとなりましたが、これまでの2年間の取組みから得たものを活かし、新たな形による子どもたちに対する学習支援を含め、就労支援や生活支援などの継続や改善について検討を重ねているところです。
 ご要望に充分応えられるかはわかりませんが、貴重なご意見として検討の参考にさせていただきます。
 今後とも県政へのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
(平成24年4月回答)子ども家庭福祉課