ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事への直行便 > 平成19年度(2007年度) > 空港行き路線バスに関するご意見

本文

空港行き路線バスに関するご意見

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0006308 更新日:2020年8月1日更新

 私は、東バイパスの国土交通省事務所近くに住んでいる者です。
 過去3~4年前までは、県庁前から東バイパス経由で空港行きバスが運行されていましたが、現在では中止されています。
 私みたいに東バイパス近くの新南部、下南部、六本木etc.地域に住んでいる住民は、県庁前まで行って空港バスに乗るか、タクシーを利用して空港に行くほか、交通手段がありません。
 そこで、県庁前経由で行っているノンストップバスをせめて午前中2回、午後2回ぐらい運行していただきたい。
 これから先、ますます高齢者が増えていく中、強者のみの交通運行だけでなく、弱者に配慮したきめ細かい交通政策をお願いしたい。
 県が直接の担当ではないことは十分わかっていますが、県が市との路線バス計画会議の時など、積極的に発言、提案をしていただき、是非実現させてもらいたい。
 (県内 70代)

担当課からの回答

 空港行き路線バスについてのご意見ありがとうございました。
 ご意見のありました「県庁前から東バイパス経由の空港行きのバス」について、バス事業者へ当時の経緯を確認しましたところ、「利用者の方々から空港までに時間がかかるとの意見が寄せられ、調査を行った結果、現在のルートの利用者がほとんどであったことから、ルートを統一しました。多様な利用者の方々への配慮に努めておりますが、不特定多数の方が利用される公共交通の特性上、すべての皆様にご満足いただけるバス路線とすることが困難なケースが多いことも事実ですのでご理解いただきますようお願いします」とのことでした。
 県といたしましては、路線バスなど公共交通機関の利用者が減少し、事業者の経営状況も厳しい中、出来るだけ利用者にとって利便性の高い公共交通の構築に向けて、熊本都市圏のバス路線網の再編や阿蘇くまもと空港へのアクセス改善等に取り組んでいるところです。
 今回いただきました貴重なご意見を参考とさせていただき、バス事業者及び熊本市などの関係機関と連携しながら、公共交通機関の充実、利便性の向上に努めて参りたいと考えております。
(平成20年4月回答)