ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事の発言 > 議会における議案説明要旨 > 令和2年4月熊本県議会臨時会における議案説明要旨

本文

令和2年4月熊本県議会臨時会における議案説明要旨

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0051749 更新日:2020年10月1日更新

 今回の臨時県議会に提案しております議案について御説明申し上げます。
 まず、一般会計補正予算は、新型コロナウイルス感染症対策に要する経費を計上しており、総額で236億円の増額補正となります。これにより、補正後の現計予算額は7,391億円となります。
 次に、「熊本県知事等の給与の特例に関する条例」の制定については、私と副知事の給料月額を来月から1年間、私は30%、副知事は20%削減するものであります。
 新型コロナウイルスの感染拡大の中、県民の皆様に不要不急の外出の自粛など、多大なご苦労をおかけしております。それをお願いしている知事として、県民の皆様と痛みを共有するために決断しました。
 このほか今議会には、専決処分の報告・承認案件や人事案件を併せて提案しております。
 これらの議案について、よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。