ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事往来 > 令和5年度(2023年度) > 中九州横断道路建設促進協議会による提言活動(東京都)R5.11.13

本文

中九州横断道路建設促進協議会による提言活動(東京都)R5.11.13

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0198526 更新日:2023年11月13日更新

 11月13日(月曜日)、蒲島知事は、東京都で「中九州横断道路建設促進協議会による中九州横断道路の早期整備を求める提言活動」を行いました。

 当協議会は、熊本県と大分県、両県議会が団結して中九州横断道路の整備促進を図るため設立された協議会であり、内野副議長、大分県知事・議長及び両県の経済団体とともに、財務省、国土交通省へ提言活動を行いました。

 知事は、その中で、「中九州横断道路は「命の道」、「物流の道」、「観光の道」として九州全体の発展のために必要不可欠。特に、沿線では、世界的半導体企業のTSMC関連工場の建設が、来年中の本格稼働に向け急ピッチで進められており、この進出を契機に、新生シリコンアイランド九州の実現、さらには日本の「経済安全保障」へしっかりとつなげていくためにも、中九州横断道路の早期整備が必要」と訴えました。

 

国土交通省 國場副大臣

  国土交通省 國場副大臣へ提言