ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 記者会見 > 令和4年度(2022年度) > 令和4年(2022年)11月24日 知事定例記者会見

本文

令和4年(2022年)11月24日 知事定例記者会見

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0155875 更新日:2022年11月24日更新

【11月24日】熊本県知事定例記者会見

令和4年11月24日(木曜日)10時~ 

説明資料(スライド資料) (PDFファイル:2.03MB)

報道資料

知事コメント全文

新型コロナウイルス感染症対策について

 最初に、新型コロナウイルス感染症対策についてです。
 現在、全国では、第7波を上回る感染状況となっている都道府県もあるなど、増加が継続しています。
 本県の感染状況についても、今月に入り県リスクレベルを「レベル2」に引き上げました。その後も、感染者数は増加傾向が続き、病床使用率も30%に迫ってきています。
 このような状況を踏まえると、本県も、第8波の入口にあるのではないかと考えられます。
 このような中、帰省や旅行などで、人の移動や交流が増える年末年始が近づいています。
 昨年は、年末年始を境に一気に感染が急拡大しましたので、特に注意が必要です。
 そのため、感染拡大を抑えつつ、社会経済活動を維持していくため、県民の皆様に、私から3点のお願いがあります。
 まず、早めのワクチン接種です。
 私も、11月26日土曜日に、県民広域接種センターで、オミクロン株対応ワクチンを接種する予定です。
 オミクロン株対応ワクチンは、従来株対応ワクチンを上回る効果が期待されます。
 希望される方は、種類にかかわらず、その時点で接種可能なワクチンを接種していただきたいと思います。
 次に、基本的な感染防止対策の徹底です。
 特に、これから本格的に寒くなっていきます。御家庭、職場などにおいて、意識的に換気を行っていただくようお願いします。
 また、外出される際は混雑した場所は注意してください。親しい間柄であっても会食の際は感染防止に気を付けるなど、自主的な感染防止対策を行っていただきたいと思います。
 最後に、感染拡大に備えた準備です。
 感染者が増えてくると、いつ、どこで感染してもおかしくない状況になります。
 今のうちに、それぞれの御家庭で、検査キットや薬、食料品の準備を行っておいていただきたいと思います。

台湾との交流拡大に向けた台湾訪問について

 次に、台湾との交流拡大に向けた台湾訪問についてです。
 コロナの影響で延期していた台湾訪問を、来年1月11日から14日にかけて、実施します。
 訪問の目的は、台湾経済界とのビジネス交流と、高雄市との友好協定5周年の記念行事です。
 今回は感染防止対策に配慮し、経済団体を中心に人数を絞って訪問しますが、今後の関係拡大に向けて、交流をさらに深めて参ります。
 また、台湾訪問に先駆けて、一昨日から12月9日まで、台湾の方々に熊本の魅力を発信するオンラインイベントを実施しています。
 このイベントは、台湾でも広く普及しているアプリ「LINE」の、台湾向けサービス「LINEトラベル」で展開するものです。
 さらに、12月から、台湾版の「LINE」に、熊本県の公式アカウントを開設します。
 TSMC進出を絶好の交流拡大の機会と捉え、台湾に向けて本県の魅力を発信して参ります。

村上宗隆選手への「県民栄誉賞」贈呈決定について

 最後の発表です。
 今年、プロ野球史に残る数々の記録を樹立された村上宗隆選手に「県民栄誉賞」をお贈りすることを決定しました。
 村上選手は、今シーズン、日本選手最多記録となる56の本塁打、史上最年少での三冠王獲得、プロ野球新記録となる5打席連続本塁打など、素晴らしい記録をあげられました。
 この村上選手の歴史に残る大活躍は、多くの県民に感動を与えるとともに、大きな誇りとなっています。
 贈呈式は、12月28日(水)に開催します。詳細については、決定次第、お知らせします。
 私からは以上です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


熊本県チャットボット
閉じる