ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ようこそ知事室 > 知事往来 > 令和4年度(2022年度) > 「ふるさと・農地未来づくり運動」推進本部会議

本文

「ふるさと・農地未来づくり運動」推進本部会議

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0141883 更新日:2022年7月6日更新

 6月21日(火曜日)、蒲島知事は、県庁で開催された「ふるさと・農地未来づくり運動」推進本部会議に出席しました。
 県では、くまもとの悠久の宝である「農地」を守り、集積し、次の世代に引き継ぐことを基本理念に、行政及び農業関係団体等が一体となって農地集積に取組むため、この推進本部を平成24年度に設置しました。

 会議では、令和3年度の取組実績として、平成24年度からの10カ年平均で年間の集積目標2,100ha/年度を上回る2,213haとなり、着実に担い手への農地集積が進んでいること、農地の受け皿となる地域営農法人が新たに3法人設立されたことなどが報告され、意見交換が行われました。

 知事からは、「農地集積を推進することは、農業の効率化につながるとともに、美しい田園風景を残すという点でも重要。農地集積が難しい中山間地域の農地を含めて、引き続き、農地集積を進めていくことが大切」との発言がありました。

会議


熊本県チャットボット