ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 天草広域本部サイト > 天草広域本部 > 保健福祉環境部 > 10月は「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」です!

本文

10月は「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」です!

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0111089 更新日:2021年10月1日更新

がんについて

 がんは、昭和56年より我が国の死因の第1位であり、平成30年には年間約37万人が亡くなっています。これは国民の3人に1人が”がん”によって亡くなっていることになります。日本人にとって「国民病」といっても過言ではない状況となっています。がんによる死亡者数を減らすためには、”早期発見・早期治療”が重要です。

がん検診へ出陣じゃ

 「がん」は、早期に発見して治療を行えば、より高い確率で改善が可能と言われています。がん細胞を薬や医療機器で退治したり、その部位の細胞を取り除くことで治療します。しかし、発見が遅れると、見つかったがんを取り除いても、わずかに散って残ったがん細胞が体内に潜伏し、数年後に再発する危険があります。再発後は、1度目に比べてがんの進行が早くなるので、再発しないように常に注意をする必要があります。生存率も発見が遅くなるほど低くなります。

 だからこそ、がんは”早期発見”が大切です。なるべく、若いうちから、定期的に検診をうけることで早期発見につながり、自覚症状が出る前にがんを発見することができます。

 

キャッチコピー

~ がん検診 愛する家族への 贈り物 ~

熊本県の目標は?

 熊本県のがん検診受診率は全国平均を上回っていますが、国が第3期がん対策推進基本計画で目標として掲げる50%を超えているのは、「男性の胃がん検診」のみであり、未だ受診率が十分とは言えません。

<がん検診受診率(40歳以上、子宮がん検診は20歳以上)>

がん検診受診率

 

がん検診を受けるには?

 がん検診を受けるためには、主に2つの方法があります。

 1つは、「市や町の健康診断」です。がん検診を住民登録している市や町の健康診断として受けることができます。市や町では、検診費用の補助等があり、比較的低料金で検診を受けられます。詳しくはお住いの市町にご連絡ください。

 もう1つは、「職場の健康診断」です。職場で健康診断を実施している場合、がん検診が受けられるか確認をしてみてください。がん検診がオプションとなっている場合は、別途申し込みが必要です。職場で実施していない場合は、市や町のがん検診を受けましょう。

がん検診(スマートライフプロジェクト)

 

<関連情報>

がん検診を受けましょう!(熊本県健康づくり推進課)

https://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/44/5090.html


イベント・募集
観光・歴史・文化