熊本県熊本県職員採用ガイド
熊本県職員採用ガイド
サイト内検索

社会福祉

最終更新日:
児童自立支援施設や一時保護施設等において児童の自立を支援する業務などに従事します。
 

主な配属先

【本庁】
 健康福祉部
【出先機関】
 清水が丘学園、福祉総合相談所、こども総合療育センター
 

先輩職員のはなし

大仁田直斗01     
         大仁田 直斗

 

 配属年次

 所 属

 平成25年4月~  清水が丘学園

 




 

現在、担当されている仕事は?

 学校や社会生活に適応できず不良行為に走ったり、そのおそれのある児童や、家庭環境等から生活指導を必要とする児童を入所させて、必要な指導を行っています。「寮生活=家庭」を基盤として子どもの育て直しや立ち直り、社会的自立に向けた支援を行っています。
 子どもたちは、今まで住んでいた家庭を離れて学園内にある寮で生活をすることになりますので、職員はその生活の中で子どもに寄り添って支援を行っています。子どもたちの大切な時間に関わることへの責任は大きく、それだけやりがいを感じています。業務の中では、子どもたちからの反発や衝突もありますが、そういった経験を経て子どもたちが成長していく姿を近くで見られることはこの職場の良い所です。

 

これまで印象に残っている仕事は?

大仁田直斗02
 学園祭です。
 保護者や児童相談所、原籍校等の関係機関の方々を招待し、子どもたちが日頃の学習成果や創作活動等を発表します。
 学園に入所するまでは、アルファベットも書けなかった子どもたちが、学園祭まで必死に練習をして英語の暗唱をする等、堂々と発表している姿に、成長を感じたことが印象に残っています。また、ステージ発表の最後に各児童がこれからの目標を作文で発表しますが、普段子どもたちが考えている夢や目標、保護者への感謝の言葉を述べる場面は非常に感動的です。
 子どもの可能性や成長を目の当たりにできる仕事に携わることができ、自分自身にとっても大きなプラスになりました。

 

県職員を志望した理由は?

 高校時代、通学中に高齢者の方が倒れている場面に遭遇し、手を差し伸べたことがありました。その際に高齢者の方がおっしゃった言葉が、「あなた以外にも何人も私の前を通り過ぎて行ったけど、誰も助けてくれなかった。」というものでした。その言葉は当時高校生だった私にとって非常にショックな一言でした。その際に「自分の生まれ育った熊本県を福祉の面から変えたい」と考えたことが、県を志望した理由です。

 

県職員の魅力ややりがいは?

 県職員は、県民のために仕事ができることが一番のやりがいと感じています。福祉の分野は児童福祉、障がい者福祉、高齢者福祉と多岐に渡りますが、共通して言えることはすべて県民の幸福につながっているということです。多くの職場を経験できる県職員は、多角的な視点を持つことが出来るのも魅力の一つです。 
 私の仕事は直接子どもたちに関わる仕事ですが、学園で関わった子どもたちが将来退園し、自立した大人になることができるように願いながら支援をしています。また、退園した子どもが困ったときには、いつでも相談できるような「心の拠り所」でありたいと思っています。

 

職場の雰囲気については?

大仁田直斗03
 学園では、職員が交替しながら宿直業務を行います。その中で24時間一緒に生活し、生活指導等を通して子どもたちと触れ合いながら信頼関係を構築していきます。また、1年を通して野球大会、バドミントン大会、教育キャンプ、学園祭等の様々な行事があります。職員は子どもたちのために一致団結して、行事の企画立案、実施に取り組んでおり、子どもに対する熱い思いやチームワーク等、職員の意識は高い職場だと感じています。

 

仕事をするにあたり心がけていることは?

 子どもたちに挨拶や礼儀等の指導をする立場であるため、自分自身も挨拶や礼儀等社会人として当たり前のことを実践して、子どもたちの手本となれるように努力しています。子どもたちに言葉だけで指導するのではなく、行動で示して指導していく姿勢を心がけています。また、子どもたちが受験する漢字検定を一緒に受験する等、学園の支援姿勢でもある「共感、共働、共育」を大切にして、子どもたちの立場に立つことを意識しています。

 

志望者へのメッセージ!

 入庁してから、必ずしも自分が希望している職場に配属されるとは限りません。しかし、県職員のすべての仕事は県民の利益につながっています。前向きに仕事に取り組むことで自分の魅力や可能性を再発見できます。県民のために仕事をしながら、自分自身をさらに成長させたい方にぴったりの職場だと思います!
(ID:13333)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県人事委員会事務局
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号(県庁行政棟本館3階)
TEL:096-333-2733 FAX:096-387-4813
E-mail:jinisoumu@pref.kumamoto.lg.jp
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.