熊本県熊本県職員採用ガイド
熊本県職員採用ガイド
サイト内検索

水産

最終更新日:
資源管理型漁業の推進、担い手の育成・確保、漁業団体の指導・監督、漁港施設の整備等の水産行政業務、増養殖、加工技術等に関する試験研究業務、技術の普及・指導、経営の改善指導等の普及業務などに従事します。
 

主な配属先

【本庁】
 農林水産部
【出先機関】
 広域本部(県北・県南・天草)、水産研究センター、漁業取締事務所
 

先輩職員のはなし

田原美咲01    
           田原 美咲

 

 配属年次

 所 属

 平成25年4月~  天草広域本部 水産課

 




 

現在、担当されている仕事は?

 主に知事許可漁業の申請に関する漁業許可事務や漁船の登録申請に関する事務、漁船検認(漁船の検査)、漁船測度(漁船の容積を測り総トン数を決定する業務)を担当しています。
 業務は事務的なものも多いですが、判断が難しい案件に対して、法令を根拠に先輩方と一緒に考えて解決していくことに面白みを感じています。また、出張の際は天草の青い海を見ると元気がでますし、その海で自分が関わった許可漁業や漁船が実際に操業している様子を見ると、現場とのつながりを感じ、やりがいを感じます。

 

これまで印象に残っている仕事は?

 入庁1年目のときに「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」が開催され、地元である水俣で放流事業に携わったことです。
 この大会は毎年1都道府県で開催されるもので、入庁年がちょうど熊本県開催の年でした。放流事業には天皇皇后両陛下がご臨席され、来場者からは「水俣の海はきれいだね」という言葉をいただき、とても嬉しく思いました。多くの方に熊本の海や水産物に興味をもってもらう良い機会になったのではないかと思います。
 入庁当初で、仕事の大変さも感じている時期でしたが、熊本県の水産業にもっと関心をもってもられるよう頑張らないと、と強く感じ、身の引き締まる思いがしたのを覚えています。
 今後は、「熊本県の魚は美味しい、食べたい、買いたい。」と思ってもらえるような、水産物の普及・流通の仕事にも携わりたいと考えています。
 

苦労したエピソードは?

 
田原美咲02
 入庁1年目で半年間に天草管内の約1300隻の漁船検認(漁船の検査)をしたことです。漁船検認は船名や登録番号等の確認とともにエンジンの型式の確認もします。真夏の暑い中、さらに熱気のある狭いエンジンルームに潜り、サウナ状態で油汚れと戦いながらの検査は大変でした。このような中でも、「あんたが入るんやったら、もっと綺麗にしとったとに」と漁業者さんから声を掛けられたり、会話が楽しかったりします。意外と体育会系、体力勝負の仕事もあるので面白いですよ。
 
 

県職員を志望した理由は?

田原美咲03
 水産技術職を目指したのは、単純に海や魚が好きだったからです。高校生のときから、海や魚に関係する仕事に就きたいと漠然と考えていて、大学も水産学部に進学しました。自分の好きな海や魚に触れつつ、水産学部で学んだ知識を地元熊本で活かしたいと思ったのが大きな理由です。
 また、大学時代にボランティア活動を通して、多くの人と関わりあい、協力しながら一つのことを達成することにやりがいを感じたことも理由の一つです。
 県職員は異動もありますし、県内各地をまわります。多くの方々と関わり合いながら、熊本県の水産振興という共通の目的に向かって仕事に取り組むことはきっとやりがいがあるだろうと考え、県を志望しました。

 
 

県職員の魅力ややりがいは?

田原美咲04
 県職員の魅力は一言で言うと「出会い」ではないかと思います。業務の幅が広いので、様々な知識を持った多くの人との出会いがあります。たいていの仕事は一人で完了することはなく、何かしら誰かと協力する必要がでてきます。それは同じ県職員かもしれませんし、漁協職員さんや漁業者さんかもしれません。一緒に仕事をしていると、「この人、すごい。」と仕事に対する姿勢や考え方等で刺激をもらうことも多く、尊敬できる方々に出会えることは大きな魅力です。そして、そんな方々と協力して業務を進めることはとてもやりがいがあります。
 また、水産課の課員は8人で、全員が水産技術職員です。平均年齢は43歳で、頼りになる、ベテランの先輩ばかりです。女性は私1人ですが、居心地のよい楽しい職場で、よく釣りやランニングなど趣味の話題で盛り上がります。
 休日には県職員のスポーツ大会等も多々あるので、職種や年代をこえて、さまざまな方と親睦を深められることも魅力の一つです。
 

志望者へのメッセージ!

 水産技術職の仕事は多種多様です。私の仕事も一見事務系ですが、意外と体力勝負の仕事もありますし、課内であっても隣の班は全く異なる業務をしています。ただ、どの業務も熊本県の水産業を支えるものであり、様々な形で海・魚・漁業者さんと関わることができます。
 ぜひ一緒に働きましょう!お待ちしています。
(ID:13332)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県人事委員会事務局
〒862-8570 熊本市中央区水前寺6丁目18番1号(県庁行政棟本館3階)
TEL:096-333-2733 FAX:096-387-4813
E-mail:jinisoumu@pref.kumamoto.lg.jp
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.