熊本県

家畜伝染病予防法に基づく年1回の定期報告について

最終更新日:
 

家畜伝染病予防法に基づく年1回の定期報告について

 平成23年度より、家畜伝染病予防法第12条の4第1項の規定に基づき、家畜飼養者は毎年2月1日現在の家畜の飼養状況について、県に報告することが義務付けられました。また、熊本県では、畜産動向を把握し、各種施策に反映するとともに、各統計資料の基礎資料として活用することを目的として、毎年熊本県畜産統計調査を実施しています。そこで、家畜伝染病予防法に基づく定期報告と熊本県畜産統計調査との重複をさけるため平成25年度から調査を一元化しました。

    報告書に関しては、各市町村から「家畜伝染病予防法及び畜産統計に係る調査表」が送付されますので畜産農家(飼養者含む)の方は、各市町村に報告をお願いいたします。

 

小規模所有者の皆様へ ~家畜(動物)の飼養届出をお願いします~

  下記に記載した小規模所有者の方々についても、同様に報告が必要です。調査表が届いていない飼養者の方は、下記の様式を用い、各市町村又は各家畜保健衛生所へ報告をお願いいたします。
 

家畜とは?

    牛・水牛・馬・豚・いのしし・めん羊・山羊・鹿・鶏・うずら・あひる・きじ・ダチョウ・ホロホロ鳥・七面鳥

 

小規模所有者とは?

    下記の頭数を飼育されている方々です。

    (1)牛・水牛・馬                     1頭まで
    (2)豚・いのしし・めん羊・山羊・鹿            5頭以下
    (3)鶏・あひる・うずら・きじ・ホロホロ鳥・七面鳥    100羽未満
    (4)ダチョウ                        10羽未満
     

ご不明な点などがありましたら、最寄りの市町村、又は各家畜保健衛生所までご連絡ください。

(ID:6856)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.