熊本県

気をつけて!!貯油タンクからの油漏れ

最終更新日:
環境生活部 環境保全課 TEL:096-333-2268 FAX:096-387-7612 メール kankyouhozen@pref.kumamoto.lg.jp
気をつけて!!貯油タンクからの油漏れ
平成20年 3月 4日

油漏えい事故が毎年多く発生しています。

油が流出すると火災の危険があるほか、河川や用水、土壌、地下水等を汚染し、水道水源の取水停止、農業被害、水産被害、魚類のへい死及び油膜の発生等、付近の人々に迷惑をかけるだけでなくその処理に多額の費用がかかります。

油漏れ防止のためには?

 

・給油するときはその場を離れず、目を離さないようにしましょう。

・バルブが閉まっているか確認しましょう。

・油の減りがいつもより早い場合は、油漏れの可能性があります。

・周辺で油の臭いや油膜がある場合は、油漏れの可能性があります。

・油は適切に管理し、盗難に注意しましょう。

・不要になった油は処理業者に引き取ってもらいましょう。

・大きな地震の後は、油漏れに注意しましょう。・ホームタンク、ボイラー、サ一ビスタンク、油配管などは定期的に点検しましょう。(専門業者に点検の相談をしましょう。)
定期点検


もし、油が漏れてしまったら?

 

被害の拡大防止のため、すぐにお近くの国や県の機関、市町村役場、消防署、警察署等へ連絡し、油の回収等を行ってください。

※処理費用は原因者の負担になります。

 

なお、水質汚濁防止法の特定事業場及び貯油事業場等で油漏れ事故が発生した場合は県への届出が義務づけられています。(水質汚濁防止法第14条の2第1項又は第2項)

詳しくは下記までお問い合わせください。
油漏れ連絡


 
   
お問い合わせ先
環境生活部水環境課
Tel:096-333-2271
Fax:096-387-7612
E-mail:mizukankyo@pref.kumamoto.lg.jp
宇城保健所 Tel0964-32-0598
有明保健所  Tel0968-72-2184
山鹿保健所  Tel0968-44-4121
菊池保健所  Tel0968-25-4135
阿蘇保健所  Tel0967-32-0535
御船保健所  Tel096-282-0016
八代保健所  Tel0965-32-6121
水俣保健所  Tel0966-63-4104
人吉保健所  Tel0966-22-3107
天草保健所  Tel0969-23-0172
このページに関する
お問い合わせは
環境生活部 環境保全課
電話:096-333-2268
ファックス:096-387-7612
メール kankyouhozen@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:624)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.