熊本県

初任科生の訓練状況を掲載しました。

最終更新日:
総務部 消防学校 TEL:096-286-9222 FAX:096-286-9223 メール shoubougakkou@pref.kumamoto.lg.jp

1.初任科教育訓練の目的

  新たに採用された消防職員に対して、消防の職務を正しく認識させるとともに基礎的な知識、技術及び災害に対応できる体力を養成するため、約6ヶ月間の教育訓練を実施します。
(1) 教育科目は、基礎教育、実務教育、実科訓練、選択研修、行事などで、800時間を超える教育訓練内容です。
(2) 基礎教育は、倫理、情操、法制通論、消防法、消防制度、地方公務員法、消防実務、勤務条件、接遇、道路交通法、金融問題、犯罪と事故防止、文書実務、情報公開と個人情報、人権啓発、物理、化学、電気の授業です。
(3) 実務教育は、予防広報、危険物、消防用設備、査察、建築、安全管理、火災防ぎょ、防災、特殊災害と保安、火災調査、救急、消防機械・ポンプの授業です。
(4) 実科訓練は、訓練礼式、消防活動訓練、救助訓練、機器取扱訓練、消防活動応用訓練、体育の授業です。
(5) 選択研修では、外国語などで、その他にも様々な行事が行われます。

 

1.入寮、入校について
(1) 入寮受付

 消防学校は全寮制です。入寮する場合は、大きな声であいさつ、身だしなみ(服装)、容姿、規律ある行動ができているかを教官がチェックします。

厳しい教官の入寮受付を受ける学生達 厳しい教官の入寮受付を受ける学生達 厳しい教官の入寮受付を受ける学生達
厳しい教官の入寮受付を受ける学生達 厳しい教官の入寮受付を受ける学生達 厳しい教官の入寮受付を受ける学生達

 

(2) 入校ガイダンス

 入寮すると、6ヶ月間の教育日程、寮生活などの説明を担当教官から受けます。
 また、仲間と早く打ち解けるために、自己紹介を行います。 

担当教官から入校説明を受ける学生 入校ガイダンスの説明を受ける学生 入校ガイダンスの説明を受ける学生
担当教官から入校説明を受ける学生 入校ガイダンスの説明を受ける学生 入校ガイダンスの説明を受ける学生

 

(3) 入校式

 入寮した次の日に、初任科生の入校式が屋内訓練場にて来賓、保護者、その他の関係者を招いて行われます。

初任科第56期生の入校式 入校生の氏名発表 得能学生長による宣誓
初任科第56期生の入校式 入校生の氏名発表 得能学生長による宣誓

 

2.通常点検

 毎日、火曜日から金曜日の朝8時30分から日直教官(第1火曜日は学校長、第3火曜日は副校長、第4火曜日は教務課長)が点検者となり、人員、隊員の姿勢、服装、態度などを検査し、隊員の品位及び規律の保持に努めるために通常点検を実施します。

 田上学校長による通常点検

 学校長の点検を受けている学生

学校長に対し、敬礼する教官

田上学校長による通常点検

学校長の点検を受けている学生

学校長に対し、敬礼する教官

徳永副校長による通常点検

右へならえをしている学生

整列する教官達

徳永副校長による通常点検

右へならえをしている学生

整列する教官達

 

3.授業

(1)訓練礼式

  訓練礼式の授業は、訓練礼式の概要・各個訓練・通常点検・敬礼動作・辞令等の受領要領・小隊訓練・申告など、教育訓練計画に基づき実施します。

 横隊による通常点検の訓練

横隊による通常点検の訓練 

2列で7歩前進する学生

横隊による通常点検の訓練

縦隊による通常点検の訓練

2列で7歩前進する学生

基本動作の指導を受ける学生

速足行進訓練を実施中の学生

速足行進訓練を実施中の学生

基本動作の指導を受ける学生

速足行進訓練を実施中の学生

速足行進訓練を実施中の学生

 

(2)座 学 (教室での授業)

 法制通論の授業を受ける学生

管理栄養士から栄養指導を受ける学生 

電気の基礎的な知識を学ぶ学生

法制通論の授業を受ける学生

管理栄養士から栄養指導を受ける学生

電気の基礎的な知識を学ぶ学生

消火器の取扱い指導を受ける学生達

救助袋の取扱い指導を受ける学生達

屋内消火栓の取扱い指導を受ける学生達

消火器の取扱い指導を受ける学生達

救助袋の取扱い指導を受ける学生達

屋内消火栓の取扱い指導を受ける学生達

火災調査で建物燃焼実験

火災調査で建物燃焼実験

火災調査で建物燃焼実験

火災調査で建物燃焼実験

火災調査で建物燃焼実験

火災調査で建物燃焼実験


(3) 救 急

 救急の授業は、救急概要、人体知識、応急処置法、傷病別応急処置、救急実務及び関係法令、応急手当普及啓発などを実施します。

 救急の授業を聞く学生

 三角巾について学ぶ学生

三角巾について学ぶ学生

救急の授業を聞く学生

三角巾について学ぶ学生

三角巾について学ぶ学生

 

(4) 実科訓練(サーキット)

 消防活動訓練、救助訓練、機器取扱訓練の実科訓練では、体力向上のためサーキットトレーニングを取り入れています。
 走力を向上させるためのランニングやインターバル、ダッシュなど、筋力を向上させるための腕立て伏せ、腹筋、背筋など、様々なトレーニングを取り入れて体力向上を図っています。

2名で引きずり救助を行う学生

サーキット訓練を行う学生達

サーキット訓練を行う学生達

2名で引きずり救助を行う学生

サーキット訓練を行う学生達

サーキット訓練を行う学生達

 

(5) 消防活動基本訓練

 消防活動基本訓練は、教育訓練時間は60時間で、消防ポンプ自動車及び積載されている機械器具を活用して放水、検索、救出訓練など現場活動に即した内容となっています。

ホースを肩に担ぎ搬送する学生

二重巻きホースを折島田に作成する学生

呼吸器着装で訓練塔内に進入する学生

ホースを肩に担ぎ搬送する学生

二重巻きホースを折島田に作成する学生

呼吸器着装で訓練塔内に進入する学生

濃煙内を体験する学生達

横坑訓練を体験する学生

横坑訓練を体験する学生

濃煙内を体験する学生達

横坑訓練を体験する学生

横坑訓練を体験する学生

 

(6) 救助訓練

 救助訓練は、ロープの基礎知識や基本結索などのロープ取扱技術、座席降下、確保要領やロープ渡過などの救助操法となっています。

服装の状態を点検する救助員点検

結索訓練を実施する学生達 

資機材に結索して吊り上げる訓練

服装の状態を点検する救助員点検

結索訓練を実施する学生達

資機材に結索して吊り上げる訓練

訓練塔でロープ渡りをする学生

訓練塔でロープ渡りをする学生

壁面をロープで降下する学生

訓練塔でロープ渡りをする学生

訓練塔でロープ渡りをする学生

壁面をロープで降下する学生

 

(7) 機器取扱訓練

 機器取扱訓練は、三連はしごや空気呼吸器、エンジンカッターなどの各種資機材を取り扱う訓練となっています。

担架搬送する学生

空気呼吸器取扱訓練

三連はしご訓練中の学生

担架搬送する学生

空気呼吸器取扱訓練

三連はしご訓練中の学生

三連はしごを搬送する学生

エンジンカッターで鋼管を切断する学生

油圧救助器具でドアを開放する学生

三連はしごを搬送する学生

エンジンカッターで鋼管を切断する学生

油圧救助器具でドアを開放する学生

 

(8) 体育

 体育の授業は、健康と体力、体力づくり、運動の整理、トレーニング計画等について、実施されます。
また、毎週水曜日に実施している5000メートルの走力養成や、月1回の体力測定なども行っています。 

駅伝大会で一斉にスタートする学生

駅伝大会で疾走する学生 

 走力養成で校舎周囲を走る学生

駅伝大会で一斉にスタートする学生

駅伝大会で疾走する学生

走力養成で校舎周囲を走る学生

水難救助法で準備中の学生

水難救助法で訓練を受ける学生

水難救助法で立ち泳ぎをする学生

水難救助法で準備中の学生

水難救助法で訓練を受ける学生

水難救助法で立ち泳ぎをする学生

 

(9) 消防活動応用訓練

 消防活動応用訓練は、消火活動や救助活動、火災及び救急救助の総合想定訓練など現場に即した消防活動、また、登山や河川を活用した中継送水や山林火災などとなっています。

俵山登山訓練中の学生

訓練用ダミーの検索を実施中の学生

訓練用ダミーの発見し搬送中の学生

俵山登山訓練中の学生

訓練用ダミーの検索を実施中の学生

訓練用人形を搬送して下山する学生

夜間訓練で服装点検を受ける学生

夜間訓練で三連はしご訓練

夜間訓練で教官の指導受ける学生

夜間訓練で服装点検を受ける学生

夜間訓練で三連はしご訓練

夜間訓練で教官の指導受ける学生

想定訓練で活動する学生

想定訓練で活動する学生

想定訓練で活動する学生

想定訓練で活動する学生

想定訓練で活動する学生

想定訓練で活動する学生

 

(10) 学校長査閲

 約6ヶ月間の教育訓練の成果を学校長に披露する学校長査閲と卒業式を行います。

学校長査閲による通常点検 

学校長査閲による体力向上体操 

学校長査閲によるロープ渡過 

学校長査閲による通常点検

 学校長査閲による体力向上体操

 学校長査閲によるロープ渡過

学校長査閲による一斉放水

卒業式での着席 

卒業式での卒業証書授与

 学校長査閲による一斉放水

卒業式での来賓祝辞 

卒業式での卒業証書授与 

  その他にも、視察見学、研修旅行や実務研修などを実施し、、それぞれの消防本部へ配属されます。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

総務部 消防学校
電話:096-286-9222
ファックス:096-286-9223
メール shoubougakkou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:5513)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.