熊本県

「木造公共建築シンポジウム」の講演録 ご覧ください

最終更新日:
土木部 営繕課 TEL:096-333-2539 FAX:096-381-7612 メール eizen@pref.kumamoto.lg.jp

平成24年11月6日(火曜日)、熊本県庁地下大会議室にて「公共建築の木造化に明日はあるか」と題し、木造公共建築シンポジウムを開催しました。

平成22年に「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が制定されましたが、公共建築を木造で整備するときの課題や、木材を使用する上での注意点などを学ぶことのできる良い機会となりました。

木材を使った建築物の整備を推し進めていく上でのヒントがたくさんつまった、このシンポジウム。

その『講演録』を掲載しますので、是非ご覧ください。

PDF <講演録> [PDFファイル/747KB]

木造公共建築シンポジウム写真     シンポジウム写真2

木造公共建築シンポジウム  

公共建築の木造化に明日はあるか

日時:平成24年11月6日(火曜日)13時20分~16時20分

場所:熊本県庁地下大会議室

主催:熊本県公共建築行政連絡協議会、熊本県、熊本市

共催:(財)熊本県建築住宅センター

※CPD認定プログラム【3単位】 建築士会CPD

基調講演                      13時30分~14時15分

テーマ 「木造建築について考えたこと~芦北と球磨の仕事から~」

講師:高橋 晶子(武蔵野美術大学教授、ワークステーション共同主催)

パネルディスカッション              14時20分~16時20分 

テーマ 「公共建築を木造でつくることの課題と展望」

<コーディネーター>桂 英昭(くまもとアートポリスアドバイザー)  

<パネリスト>     高橋晶子(武蔵野美術大学教授、ワークステーション共同主催)

 (敬称略)       内田文雄(山口大学大学院理工学研究科教授、龍環境計画主宰)

               坂田雅孝(株式会社ウッディファーム代表取締役社長、熊本県木材協会連合会会員)

このページに関する
お問い合わせは

土木部 営繕課
電話:096-333-2539
ファックス:096-381-7612
メール eizen@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:4409)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.