熊本県

新型コロナウイルス感染症に係る高齢者関係施設等への応援派遣の協力について

最終更新日:

新型コロナウイルス感染症に係る高齢者関係施設等への応援派遣の協力について<調査協力依頼>

 ※ 調査協力依頼は終了しました。ご協力ありがとうございました。

 

 県では、高齢者関係施設等で新型コロナウイルス感染者が発生し、同一法人内から職員を派遣してもなお職員が不足する場合に備え、応援職員として協力いただける方を「人材バンク」に登録させていただき、応援派遣ができる仕組みを整備したいと考えております。

 各施設・職員の皆さまにおかれましては、コロナ禍の下で大変な状況とは存じますが、この困難をともに乗り越えていくため、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 

1 事業概要について

 高齢者関係施設等で新型コロナウイルス感染者が発生し、同一法人内から職員を派遣してもなお職員が不足する場合に、他の施設から応援職員の派遣を行う事業です。あらかじめ登録いただいた「人材バンク」の登録者名簿の中から、県(熊本市内で発生した場合は熊本市)が中心となって、職員の派遣調整を行います。

 ⇒   事業概要(イメージ図)(PDF:678.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

        ※応援職員の従事場所のうち「(1)同一法人内の別施設への派遣」に対する多くのお問い合わせをいただいたため、

    わかりやすいものとなるようイメージ図に修正を加えました(9月2日)。

 

【応援派遣を行うに当たっての前提条件】

 ●防護服等の感染予防資材を配布します。

 ●派遣に要する費用(PCR検査費用、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費等)を助成します。

 ●登録者への派遣前研修(防護服の着脱等)を実施します。

 

【応援派遣までの流れ】

 (1)クラスター発生施設が県(又は熊本市)へ派遣要請をし、県(又は熊本市)が中心となり、登録者在籍施設を通して派遣調整を実施。

 (2)県(又は熊本市)は、登録者から承諾を得て派遣を決定し、先に登録いただいた従事場所(3パターンのいずれか)へ職員を派遣。

 (3)派遣終了後、県(又は熊本市)から協力施設に対し、かかり増し経費(PCR検査費用、旅費・宿泊費、損害賠償保険の加入費等)を助成。

 

2 現在照会中の文書について(令和2年9月11日(金曜日)締切)  ※ 調査へのご協力をお願いいたします。

 現在、各施設施設長・管理者様あてに「応援職員派遣意向調査」を実施しています。

 今回の照会は、別法人への応援派遣が可能かどうかをお尋ねするものです(同一法人内の施設間での派遣調整は照会の対象外です。)。

 各施設の施設長・管理者様におかれましては、在籍する職員の皆さまへ意向を確認いただき、派遣可能な職員について回答くださるようお願いいたします。  

3 応援派遣に係るお問合せ先

 TEL 096-333-2215(高齢者支援課 企画班)

 FAX 096-384-5052

 E-Mail koureishien@pref.kumamoto.lg.jp

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 高齢者支援課
電話:096-333-2215
ファックス:096-384-5052
メール koureishien@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:35607)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.