熊本県

豪雨災害の被災者のための無料入浴サービス(入浴支援事業)について

最終更新日:
 

被災者の皆様へ

 令和2年7月4日に発生した県南を中心とした豪雨災害により、現在、避難所で生活されている方や、ご自宅が被災するなどして入浴ができない方は、協力公衆浴場に無料で入浴することができます。
 施設の利用にあたっては、市町村が発行する証明書及び石鹸、タオル等の入浴に必要なものをご持参ください。また、公衆浴場の受付では、証明書を提示のうえ、入浴日、住所、氏名、年齢を記載する受付票がありますので、必ず記載いただきますようお願いします。
 被災者の無料入浴サービスを行っている公衆浴場については、以下のリンクからご確認ください。 

 

施設の条件は、次のとおりです

 県内の災害救助法適用市町村及び周辺の施設で、以下の条件のいずれかを満たしている施設。

 (1) 公衆浴場法第2条第1項の許可を有する施設
 (2) (1)の許可が不要とされた旅館業第3条第1項の許可を有する施設

 ※家族湯などは原則対象外ですので、このような施設での実施をお考えの場合は事前にご相談ください。

 

無料入浴サービスを実施される前に、必ず薬務衛生課まで入浴支援届出書(別記様式1)の提出をお願いします


受付に入浴日、住所、氏名、年齢を記帳するための受付票をご準備を

 入浴者が被災者であること及びその人数を確認するため、受付に入浴日、住所、氏名、年齢を記帳するための受付票をご準備いただきますようお願いします。入浴日、住所、氏名、年齢については、県への費用請求の際に必要となりますので、確実に記録・保管されますようお願いします。また、不正な入浴を防止するため、明らかに被災地と異なる地からの入浴者については適正な入浴料を徴収いただきますようお願いします。

  受付票(ワード:38.1キロバイト) 別ウインドウで開きます


県へ請求できる費用は、通常の営業時と同額の入浴料までとなります

例)通常料金が、大人1人400円、小学生1人150円、小学生未満1人80円である公衆浴場に、大人2人、小学生2人、小学生未満1人が入浴した場合
 400円×2人=800円
 150円×2人=300円
 80円×1人= 80円 合計1,180円
よって、請求額は、1,180円までです。

 

費用請求は、月ごとの利用料金について行い、原則毎月10日までに請求書(別記様式2)により県に提出してください

 なお、受付票をもとに日計表を作成し、受付票とともに請求書に添付してください。

  請求書(別記様式2)(ワード:17.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

  日計表(エクセル:12.3キロバイト) 別ウインドウで開きます

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 薬務衛生課
電話:096-333-2245
ファックス:096-383-1434
メール yakumueisei@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:34167)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.