熊本県

【農林漁業者向け】新型コロナウイルス感染症関連情報

最終更新日:
 

【農林漁業者向け】新型コロナウイルス感染症関連情報

1 新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン

 農林水産省より、生産者等が新型コロナウイルスに感染した場合の対応及び業務継続に関するガイドラインが公表されています。
  新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン別ウィンドウで開きます(農林水産省HP)
 
 

2 農林漁業者の皆様への支援 

⑴ 金融支援制度について

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて経営が悪化した農林漁業者が、今後の経営に支障を来さないよう、保証料不要で5年間の無利子貸付金制度を創設しました。

  新型コロナウイルス感染拡大に伴う農林漁業者向け金融支援制度の創設について別ウィンドウで開きます

 

⑵ 事業者支援制度について

 新型コロナウイルス感染症の影響で収入や所得が減少した、農林漁業者を含む事業者を支援します。

 県では、国の「持続化給付金」の対象とならない中小企業者等(個人事業主を含む。)のうち、ひと月の売上が前年同月比で30%以上50%未満減少している事業者を交付対象としています。なお、国の「持続化給付金」との重複申請(受給)は行わないこと等の交付条件がありますのでご留意ください。

  国の持続化給付金について別ウィンドウで開きます(農林水産省HP)

  熊本県事業継続支援金について別ウィンドウで開きます

 

⑶ 県産肉・魚生産者への支援について
 小中学校等の学校給食に食材を提供する事業者(食肉事業者、水産加工業者)及び国の支援制度の対象とならない馬肉生産者を支援します。詳細は以下をご確認ください。

   県産肉・魚生産者への支援について(PDF:2.27メガバイト) 別ウインドウで開きます

 

⑷ 県産農林水産物等の消費拡大・販路回復について

 外食需要の減少により影響を受ける県産農林水産物の消費喚起や、輸出ルート拡大に向けて取組みを支援します。詳細は以下をご確認ください。

 
 

3 雇用・外国人材への支援

⑴ 技能実習生について
 新型コロナウイルス感染症の影響により、実習期間を修了する技能実習生が母国に帰国できない場合や、国内に引き続き在留を希望する場合には、在留資格の変更手続きが必要になります。

 

⑵ 雇用調整助成金について

 経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものです。
  雇用調整助成金について別ウィンドウで開きます(厚生労働省HP)

 

 

4 関連サイト 

     新型コロナウイルス感染症について別ウィンドウで開きます(農林水産省HP)

 

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 農林水産政策課
電話:096-333-2362
ファックス:096-383-3270
メール norinsuisan@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:32992)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.