熊本県

熊本県における太平洋くろまぐろ(小型魚)の採捕の数量の公表について

最終更新日:
 

熊本県における太平洋くろまぐろの資源管理について

 

1 太平洋くろまぐろの資源管理について


  太平洋くろまぐろについては、中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の決定に基づき、関係各国による資源管理に取り組んでいます。

  我が国においては、平成30年(2018年)7月から「海洋生物資源の保存及び管理に関する法律」(以下、「TAC法」という。)に基づく漁

 獲可能量制度(以下、「TAC制度」という。)による管理が行われており、熊本県では、「熊本県の海洋生物資源の保存及び管理に関する計画」(以

 下、「県計画」という。)を次のとおり策定しています。

 

 

 

 

 

 

2 熊本県の漁獲可能量について

  熊本県におけるくろまぐろの漁獲可能量については、下表のとおりです。
 

第6管理期間:令和2年(2020年)4月1日から令和3年(2021年)3月31日まで

 くろまぐろ 30キログラム未満の小型魚

 3.5トン

 くろまぐろ 30キログラム以上の大型魚

 6.0トン

 

 

 

 

3 採捕の数量の公表 

  本県におけるくろまぐろの採捕の数量が、漁獲可能量の7割を超えた場合、県計画第4(4)1)に基づき、採捕の数量を公表します。

  漁獲可能量の7割を超えた場合、早期是正措置として、以下の取組みをお願いいたします。

  

  ・くろまぐろをとることを目的とした操業は自粛する。

  ・生存個体はすべて放流する。

  ・くろまぐろの採捕はやむを得ない混獲のみとし、超過を確実に避けるため1日1人1尾、混獲採捕の時点で、当該日の操業は切り上げ、以後3日

   間は休漁する。

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 水産振興課
電話:096-333-2457
ファックス:096-382-8511
メール suisanshinkou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:32033)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.