熊本県

体罰等によらない子育てを広げよう!

最終更新日:

 

2020年4月から子育てにおける体罰が法律で禁止されます。

 児童虐待の相談件数は年々増加しており、子どもの命が失われるなど深刻な事案も続いています。
 「しつけのための体罰はやむを得ない」という意識が今も根強く、「しつけ」の名の下に行われる体罰が徐々にエスカレートし、深刻な虐待を引き起こす事例が多く見受けられます。
 こうした状況を踏まえ、2020年4月、体罰が許されないことを法定化した改正児童虐待防止法が施行されることとなりました。
 この法改正をきっかけとして、子どもの健やかな成長と発達のため、一人一人が体罰に対する意識を変えていくとともに、地域全体で子育てを行っていく必要があります。
 国、県、市町村、地域住民の皆さんが一体となって、体罰によらない子育てが応援される社会づくりを進めていきましょう。

  厚労省ポスター

  

  

体罰等によらない子育てのために ~みんなで育児を支える社会に~

  今回の法改正を踏まえて、本年2月18日に国の「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」において、新たに規定される「体罰」の範囲や  

 その禁止に関する考え方、体罰等によらない子育ての推進策等がとりまとめられました。

  

 

 

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 子ども家庭福祉課
電話:096-333-2228
ファックス:096-383-1427
メール kateifukushi@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:31885)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.