熊本県
現在、大規模災害時モードで表示されています。

令和元年度(2019年度)人権4コマ漫画・人権4コマ漫画シナリオ 受賞作品の発表!!

最終更新日:

コッコロ

 

令和元年度(2019年度)人権4コマ漫画・人権4コマ漫画シナリオの受賞作品を発表します

 人権問題について考え、表現していただくことで、県民のみなさまに「人権の大切さ」を想起していただくため、人権4コマ漫画・人権4コマ漫画シナリオを募集しました。

 「一人ひとりの人権を大切にする社会をつくっていくために、みんなに伝えたい想いや人権を尊重する気持ち、人への思いやり」をテーマに募集したところ、漫画とシナリオを合わせて915点のご応募をいただきました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

 この度、漫画家・桜田幸子さんを審査員長に厳正な審査を行った結果、以下のとおり、漫画部門は優秀作品6点、入選12点、佳作20点、シナリオ部門は優秀作品2点、入選1点、計41点の受賞作品が決定しました。

 作品の鑑賞を通して、みなさんの身近な人権について、あらためて考えてみませんか?

 

コッコロ

                                  

漫画部門・優秀作品  (6点)                                                                                                    〈禁無断転載〉

人けんていいね!こどもの人けんアンチコメント

【作品タイトル】人けんていいね!

【お名前】岩本 咲哉(いわもと さくや)さん

【学校名・学年】熊本市立尾ノ上小学校2年

【作品に込めた想い】じんけんのことをはじめてかんがえました。ぼくは、じんけんのおかげで、楽しくすごせています。

 

【桜田さんの講評】2年生らしくたくさんの色を使い、カラフルで温かい4コマに仕上がっています。1コマ目から赤ちゃんの絵が目に入り、興味深く読み進められました。表情もとても楽しそうです。

 

(画像リンク)→人けんていいね! 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】こどもの人けん

【お名前】江﨑 彩人(えざき あやと)さん

【学校名・学年】合志市立西合志中央小学校3年

【作品に込めた想い】大人だから、子どもだからとかんけいない。同じように一人の人げんとして、子どもの人けんをそん重するべき。

 

【桜田さんの講評】圧倒的な破壊力で、群を抜いた説得力があり、審査員全員を唸らせました。1色でシンプルな画風ですが、表情や仕草の描写は、3年生とは思えないほど正確に表現されていて、無駄がありません。セリフの配置も絶妙です。

 

(画像リンク)→こどもの人けん 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】アンチコメント

【お名前】甲斐 優花(かい ゆうか)さん

【学校名・学年】御船町立御船中学校1年

【作品に込めた想い】学校などでのいじめもあるけれど、画面ごしに人を傷つけていることもあるということを知ってもらいたい。

 

【桜田さんの講評】インターネットによる問題を、アイコンや予測変換の候補を見せて展開していくテクニックは、流石だと思いました。無機質な画面を3コマ見せた後、最後のコマにだけ人間のアップを登場させる構成が魅力的です。 

 

(画像リンク)→アンチコメント 別ウインドウで開きます

 

  

いじめや差別をなくそうその笑顔、本物?マイノリティ側の発想をつけ足して

【作品タイトル】イジメや差別をなくそう

【お名前】松本 心(まつもと しん)さん

【学校名・学年】水俣市立緑東中学校2年

【作品に込めた想い】いじめや差別をせずにそれぞれの人のよさを見つけて支え合えば、みんな幸せになるという想いを込めました。

 

【桜田さんの講評】彩色や背景の処理などが丁寧に描かれていて好感が持てます。笑顔や悲しい顔、ショックを受けた時の顔など、表情の描き分けもきちんと出来ており、2コマ目の構図も大胆でハッとさせられました。 

 

(画像リンク)→イジメや差別をなくそう 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】その笑顔、本物

【ペンネーム】T.M.さん

【学校名】熊本県立芦北支援学校高等部佐敷分教室

【作品に込めた想い】笑顔の裏では、傷ついている人もいる。何気ない一言でも、相手を思いやる気持ちが大切だと思い描きました。

 

【桜田さんの講評】無駄のない画面で、必要なパーツだけで作られている、計算された作品の印象を受けました。1コマ目を除き同じ笑顔が全面で出ていますが、徐々に現れる背面や、吹き出しを重ねているところなど、流れや動きに工夫が感じられます。

 

(画像リンク)→その笑顔、本物? 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】マイノリティ側の発想をつけ足して

【ペンネーム】I'm fantastic! さん

【作品に込めた想い】多数派側からの発想で築かれた社会の中では、少数派の人が暮らしにくさを感じることが時々起こります。

 

【桜田さんの講評】実際に困っている事柄を具体的に挙げることで、読者も問題点を理解しやすい優れた作品です。不便さを訴えただけに終わらず、改善のアイデアまできちんと提案しているところに感心しました。

 

(画像リンク)→マイノリティ側の発想をつけ足して 別ウインドウで開きます

 

 

漫画部門・入選 (12点)                                      〈禁無断転載〉

幸せな世界自分でもよく考えてみようみんなが知っててほしいこと

【作品タイトル】幸せな世界

【ペンネーム】ゆう さん

【学校名】荒尾市立有明小学校

【作品に込めた想い】女も男も子どもも「生きる」権利がある。それを環境や偏見のせいで失われる事のない幸せな世界にしたい。

 

【桜田さんの講評】彩色も丁寧で、特に最後のコマは2つの世界を緻密に詳しく描き込んでくれました。3コマ目までと違った世界で締めくくられているのが印象的です。

 

 (画像リンク)→幸せな世界 別ウインドウで開きます


 

【作品タイトル】自分でもよく考えてみよう

【お名前】増川 新奈(ましかわ にいな)さん

【学校名・学年】長洲町立腹赤小学校4年

【作品に込めた想い】グループの中の強い子がきらいな子をのけものにしようと言っても「本当にそれでいいのか」考えてほしい。

 

【桜田さんの講評】テンポがよくスピード感のある作品だと感じました。最後のコマで暗転する展開は、迫力がありますね。女の子の表情も上手く雰囲気を出しています。

 

(画像リンク)→自分でもよく考えてみよう 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】みんなが知っててほしいこと

【お名前】小川 莉温(おがわ りおん)さん

【学校名・学年】水上村立岩野小学校5年

【作品に込めた想い】なにげなくみかける点字ブロック。なんのためにあるのか?知ることでやさしい心が生まれると思う。

 

【桜田さんの講評】点字ブロックを扱った作品が少なく、漫画にするのが難しかっただろうなと思いました。着眼点がとても良いので、構図に工夫が加わるともっと素晴らしい作品になると思います。

 

(画像リンク)→みんなが知っててほしいこと 別ウインドウで開きます


みんなと仲良く言葉の力人権とは・・・

【作品タイトル】みんなと仲良く

【お名前】立岡 友稀美(たておか ゆきみ)さん

【学校名・学年】人吉市立人吉西小学校6年

【作品に込めた想い】しょう害のことを、みんなが分かってほしいという想いと、多くの人と仲良くなりたいという想いをこめました。

 

【桜田さんの講評】キャラクターがとても可愛らしく、色もきちんと塗られています。補聴器を触るクラスメイトや、ナレーションとは別の会話もさりげなく描き込まれ、落ち込んで机に突っ伏している様子なども上手だなと感じました。

 

(画像リンク)→みんなと仲良く 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】言葉の力

【お名前】小浦 椎奈(こうら しいな)さん

【学年】中学校2年生

【作品に込めた想い】人を救う力を持った言葉を使うのか、人を傷つける力を持った言葉を使うのか、正しい方を選択してほしいです。

 

【桜田さんの講評】2つの視点をコマを2分割する事によって同時に進行させていくパターンが見事です。言葉と力が交差するような画面構成に感心しました。

 

(画像リンク)→言葉の力 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】人権とは・・・

【お名前】村上 華(むらかみ はな)さん

【学校名・学年】御船町立御船中学校1年

【作品に込めた想い】私は、最初、人権学習と聞くと暗いイメージだったけど、実際はイメージと違ったことを考えてほしいです。

 

【桜田さんの講評】人権学習で感じたことが素直に描かれています。持っていたイメージを払拭させるような4コマ目の清々しさが、実に爽やかでした。

 

(画像リンク)→人権とは・・・ 別ウインドウで開きます



優しい目十人十色意思

【作品タイトル】優しい目

【お名前】佐藤 和(さとう あい)さん

【学校名・学年】人吉市立第二中学校2年

【作品に込めた想い】不登校の友達が久しぶりに登校すると人の目が気になります。そのときに優しく接することが大切だからです。

 

【桜田さんの講評】勇気を出して教室のドアを開けた3コマ目の空気感が秀逸です。しんとした雰囲気や、ひんやりした温度まで伝わってくるようでした。この1コマで全て成り立ってしまうのではと思えるほどです。

 

(画像リンク)→優しい目 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】十人十色

【お名前】益崎 真菜(ますざき まな)さん

【学校名・学年】菊池市立泗水中学校2年

【作品に込めた想い】皆と違うというだけでいじめられたり、白い目で見られる事が、おかしいということを伝えたい。

 

【桜田さんの講評】1コマ目のひとりだけが浮き上がって見えるような見せ方は上手いなと思いました。中学生らしいテーマで、順序良く構成されています。

 


 

【作品タイトル】意思

【お名前】堤 陽也(つつみ ひびや)さん

     (ペンネーム・サムネット さん)

【学校名・学年】文徳高等学校2年

【作品に込めた想い】いじめをする側される側ではない。いじめには3つの視点があり、第三者の視点と気持ちを表現してみました。

 

【桜田さんの講評】「勇気を出して行動する」といった作品は多くありましたが、最も迫力のある作風でした。表情の見えない髪型の主人公が、最後のコマで見せる力強い眼差しにハッとさせられます。

 

(画像リンク)→意思 別ウインドウで開きます


言霊縛りを変えていこうあなたの喜びはわたしの喜び

【作品タイトル】言霊

【お名前】近藤 倫子(こんどう みちこ)さん

【学校名・学年】文徳高等学校2年

【作品に込めた想い】嫌な事を言う時皆たいてい嫌な顔をしながら言っています。言い過ぎて本当にいじわるな顔になる前に・・・。

 

【桜田さんの講評】可愛らしい女子高生の独り言ですが、4コマ目は「ナルホド」と思わせる意外な着地でした。その気付き!素晴らしいです。

 

(画像リンク)→言霊 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】縛りを変えていこう

【お名前】圓山 道子(まるやま みちこ)さん

【作品に込めた想い】人を縛る言葉で立場の弱い人に無理を強いる社会を、他者を思いやることで変えていけたらいいと思います。

 

【桜田さんの講評】会社や家庭生活などの、大人の世界の人権にメスを入れた貴重な作品でした。画面構成もよく工夫されています。

 

(画像リンク)→縛りを変えていこう 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】あなたの喜びはわたしの喜び

【お名前】渡瀬 進(わたせ すすむ)さん

【作品に込めた想い】さりげない行動があなたの喜びとなり、私の喜びとなる。人間を大切にする気持ちにつながればいいなと思う。

 

【桜田さんの講評】年配の方にもご応募いただけることを大変嬉しく思っています。とても可愛らしいキャラクターと優しい色使いに癒されました。

 

(画像リンク)→あなたの喜びはわたしの喜び 別ウインドウで開きます


 

漫画部門・佳作 (20点)                                       〈禁無断転載〉

 

これが友達なんだ心の花を咲かせようキラッとすてきなところ

【作品タイトル】これが友達なんだ

【お名前】村井 愛(むらい まな)さん

【学校名・学年】長洲町立清里小学校6年

【作品に込めた想い】みんなからいじめられていたけれど、わかってくれる友達はいる、ということ。

 

(画像リンク)→これが友達なんだ 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】心の花を咲かせよう

【お名前】井 心花(い ほのか)さん

【学校名・学年】産山村立産山学園5年

【作品に込めた想い】表情を見て、「どうしたの」とかやさしく声をかけることをあたりまえにしてほしいです。

 

(画像リンク)→心の花を咲かせよう 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】キラッとすてきなところ

【お名前】飯星 和香(いいほし わこ)さん

【学校名・学年】熊本市立白山小学校2年

【作品に込めた想い】「人はみんなおんなじだったらおも白くない。」と学校の先生が教えてくれました。

 

(画像リンク)→キラッとすてきなところ 別ウインドウで開きます


 

こせいがいっぱいあっていいね小さなゆう気人の心をきずつけちゃダメ

【作品タイトル】こせいがいっぱいあっていいね

【ペンネーム】すみニャン さん

【学校名】長洲町立腹赤小学校

【作品に込めた想い】世の中には、こせいがいっぱいあるけれど、ちがってもいいんだ。

 

(画像リンク)→こせいがいっぱいあっていいね 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】小さなゆう気

【お名前】中本 さや(なかもと さや)さん

【学校名・学年】宇城市立豊川小学校3年

【作品に込めた想い】もし、だれかがいじめられていたら、はずかしがらずにこわがらずに、ちゅういしてあげたい。

 

(画像リンク)→小さなゆう気 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】人の心をきずつけちゃダメ

【お名前】針谷 詩音(はりがや しおん)さん

【学年】小学校6年生

【作品に込めた想い】人の心をきずつけるともう、そのきずはきえないし、言われた人だって、悲しいから、かきました。

 

(画像リンク)→人の心をきずつけちゃダメ 別ウインドウで開きます


 

からみあっても、すぐ、ほどける人権って何?ハートの砂糖

【作品タイトル】からみあっても、すぐ、ほどける

【ペンネーム】いと さん

【学校名】上天草市立龍ヶ岳中学校

【作品に込めた想い】あやとりがからんでも、すぐほどけ、1本になることから、心がからんでほしくないという想いを、込めました。

 

(画像リンク)→からみあっても、すぐ、ほどける 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】人権って何?

【お名前】河地 惟吹(かわち いぶき)さん

【学校名・学年】御船町立御船中学校3年

【作品に込めた想い】この作品を見てくださった方々に少しでも人権のことについて考え、知ってほしいと思いました。

 

(画像リンク)→人権って何? 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】ハートの砂糖

【お名前】畑口 明果(はたぐち はるか)さん

【学校名・学年】天草市立五和中学校3年

【作品に込めた想い】あたたかいココアに心が沈んで溶けて本当の心が浮かんでくる様子を表したものです。

 

(画像リンク)→ハートの砂糖 別ウインドウで開きます


 

ボクの心「ちがう」「おなじ」を大切になみだと星

【作品タイトル】ボクの心

【お名前】園田 啓太(そのだ けいた)さん

【学校名・学年】人吉市立第二中学校3年

【作品に込めた想い】人の心も自分の心も理解ができるようになってほしい。どうすれば良くなるのか。もう一度考えてほしい。

 

(画像リンク)→ボクの心 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】「ちがう」「おなじ」を大切に

【お名前】須賀 柚葉(すが ゆずは)さん

【学校名・学年】湯前町立湯前中学校3年

【作品に込めた想い】それぞれの大切な権利を否定せずに共感できるものを伝え合うことが住みやすい世の中への第一歩だと思う。

 

(画像リンク)→「ちがう」「おなじ」を大切に 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】なみだと星

【お名前】有馬 理沙(ありま りさ)さん

【学校名・学年】湯前町立湯前中学校1年

【作品に込めた想い】かなしいなみだがいつか笑顔(星)になってほしいという願いをこめてかきました。

 

(画像リンク)→なみだと星 別ウインドウで開きます


 

個性ことば大きな力、小さな勇気

【作品タイトル】個性

【お名前】石松 大和(いしまつ やまと)さん

【学校名・学年】熊本県立小国支援学校高等部3年

【作品に込めた想い】僕には、精神疾患がありますが、友達はそれを認めてくれます。僕もいろいろな人の違いを認めたいと思います。

 

(画像リンク)→個性 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】ことば

【お名前】猿樂 由佳子(さるがく ゆかこ)さん

【学校名・学年】文徳高等学校3年

【作品に込めた想い】ことばは心の凶器になるものだから、ことばを出す前にそのことばで相手が傷つかないか考えてほしい。

 

(画像リンク)→ことば 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】大きな力、小さな勇気

【お名前】高岡 莉捺(たかおか りお)さん

【学校名・学年】玉名女子高等学校2年

【作品に込めた想い】私は、この作品に夢を持つ事の素晴らしさや大きな力が無くても小さな勇気が大切という想いを込めました。

 

(画像リンク)→大きな力、小さな勇気 別ウインドウで開きます


 

限りある命半径5メートルの戦争好きな服を着よう

【作品タイトル】限りある命

【お名前】上田 瑛輔(うえだ えいすけ)さん・塩﨑 梨歩(しおざき りほ)さん・田中 歩夢(たなか あゆむ)さん・林田 敬太(はやしだ けいた)さん

【学校名・学年】熊本県立荒尾支援学校高等部3年

【作品に込めた想い】全ての生きものは、命に限りがあります。今をせいいっぱい楽しく生きることが大切だという思いを込めました。

 

(画像リンク)→限りある命 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】半径5メートルの戦争

【ペンネーム】オレ=オレニ さん

【作品に込めた想い】ごく身近な問題を描きました。すり合わせの為には精神的な余裕が必要ですが(笑)

 

(画像リンク)→半径5メートルの戦争 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】好きな服を着よう

【お名前】小川 愛結実(おがわ あゆみ)さん

【学校名・学年】日本総合教育専門学校1年

【作品に込めた想い】女の子だから、男の子だからという固定観念にとらわれず自分の好きな服が着られる世の中になりますように。

 

(画像リンク)→好きな服を着よう 別ウインドウで開きます


 

大切に思うなら追い詰めの言葉

【作品タイトル】大切に思うなら

【ペンネーム】みつお さん

【学校名】日本総合教育専門学校

【作品に込めた想い】言葉は一番簡単で難しいコミュニケーションです。相手を大切に思うなら、考えて使うべきです。

 

(画像リンク)→大切に思うなら 別ウインドウで開きます

【作品タイトル】追い詰めの言葉

【お名前】永田 詩房(ながた しほ)さん

【学校名・学年】熊本デザイン専門学校2年

【作品に込めた想い】「大丈夫」と自分に言い聞かせて無理をしてしまう、そんな人達を見つけ出して救ってほしいと考えて。

 

(画像リンク)→追い詰めの言葉 別ウインドウで開きます


 

シナリオ部門・優秀作品(2点)                                     〈禁無断転載〉

思いを巡らせよう活力みなぎるカバー力!
            画・桜田 幸子さん

【作品タイトル】思いを巡らせよう

【お名前】村上 英弥(むらかみ えみ)さん

【作品に込めた想い】電車に座って乗車した時、前に立っていた男の人の足が不自由だったと後からわかった。想像する心を持ちたい。

 

(画像リンク)→思いを巡らせよう 別ウインドウで開きます

            画・桜田 幸子さん

【作品タイトル】活力みなぎるカバー力(りょく)!!

【お名前】木下 順子(きのした じゅんこ)さん

【作品に込めた想い】皆が意欲的に働き続けることができる為には、職場の人間関係、特に支え合いの力(カバー力)が必要と考える。

 

(画像リンク)→活力みなぎるカバー力! 別ウインドウで開きます


 

  ※シナリオの優秀作品は、漫画家・桜田幸子さんに漫画に描き起こしていただきました。

 

 

シナリオ部門・入選(1点)                                       〈禁無断転載〉

(1)私は今、小学校でボランティアをしている。

 

(2)そんな私には、見た目には見えない障がいがある。

 出来ることもあれば出来ないこともある。

 

(3)それでも先生達は、いつも「○○やってくれてありがとう!!」とか「きつい時は休けいしてね!」とか言ってくれている。子ども達は「先生こんにちは。」と言ってくれる。

 時には私を頼ってくれる子ども達や先生。そんな環境作りをしてくれるのは、私の周りで学校で働いていることを理解してくれる人や、学校の先生達のおかげ。

 

(4)私は夢みる。

 いつか学校がどんな障がいがあっても働けて、子ども達に教え学ぶことができるならば、この国は今よりもっと素敵な社会になるはず。

 その理想を実現するためにも、今日も大好きな学校で仕事をし、共に生きて行く。

【作品タイトル】障がいがあっても働ける学校に!!

【お名前】松岡 明彦(まつおか あきひこ)さん

【作品に込めた想い】私は熊本市内の学校で学校支援ボランティアをやってます。障がいがあっても働けるようにと書きました。

 

 

シナリオ部門・佳作

 該当作品はありませんでした

 

 

審査を終えて

 たくさんのご応募ありがとうございました。本当に素晴らしい作品ばかりでした。

 審査にあたり、審査員から次のようなアドバイスがありましたので、4コマ漫画を描く際の参考にしてください。

 

 ・各コマの読む順番を考えて、セリフや人物等の配置を工夫する。縦書きの場合は、各コマの右上から読んでいき、横書きの場合は、各コマの左上から読んでいく。その流れを考えてセリフや人物等を配置する。

   ・鉛筆で書いた下書きの線は、丁寧に消したほうが良い。

 ・公開されることなども考えて、誤字・脱字や送り仮名の誤りにも注意をする。

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

環境生活部 人権同和政策課
電話:096-333-2299
ファックス:096-383-1206
メール jinken@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:30978)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.