熊本県

農業大学校 令和元年度(2019年度)校内プロジェクト・意見発表会

最終更新日:

 12月23日月曜日、農大研修交流館にて令和元年度(2019年度)校内プロジェクト・意見発表会が開催されました。

 

 本大会には、農大生の保護者、県の関係機関、さらに県内農業関係高校の生徒、教職員等にも参加いただき、多くの聴衆を迎え実施のはこびとなりました。

 午前中は、各学科代表による意見発表が行われ、それぞれの発表者が自らの農業との関わりや将来の夢、目標について意見を述べました。

 

 午後はプロジェクトの部に移り、各学科7コースの代表者による発表が行われました。それぞれ農大で専門的な学習を積んだ2年間の集大成として会に臨み、自信を持って発表する姿に感銘を受けました。どの発表も、将来の農業経営につなげるテーマ設定がなされており、研究の成果だけではなく、この調査研究に取り組んだ過程も含め、多くの学びを得たと思います。

 

 県農業研究センター坂梨審議員をはじめ、県農業技術課菊池課長補佐他3名の先生に審査員を務めていただき、意見発表代表1名、プロジェクト発表代表2名が選出されました。代表者3名は、1月に福岡県で行われる九州大会に出場します。残りの限られた期間ですが、再度内容をブラッシュアップし、悔いのないように頑張って欲しいと思います。

 

意見発表(1年生)

 

 成 績

学 科 

課 題 名 

 発 表 者

秀賞

畜産 

千年守られてきた草原を持続可能なリソースへ ~阿蘇で生まれ育った私の夢~  ※ 学校代表

坂梨 雄二

優賞

野菜

野菜部「マルクト」の活動と私の大好きな言葉  西本 由紀 

優賞

農産園芸

将来の目標 ~私が考える次世代に伝える農業のあり方~西  峻汰 

 

プロジェクト(2年生)

 

 成 績

 コース

課 題 名 

発 表 者 

秀賞

肉用牛 

繁殖牛の受胎率に影響を及ぼす要因を探る   ※ 学校代表市原 朱沙 

秀賞

野菜B 

大玉トマトの誘引方法による作業性や収量性の違いに関する研究   ※ 学校代表前田 尚輝 

優賞

果樹 

エテホン散布によるナシ「あきづき」のコルク状果肉障害の軽減効果の実証

栁  寛郎

優賞

酪農 

ICTを活用したクラウド牛群管理システムの構築金丸 澪莉 

優賞 

農特産 

県北地域におけるハトムギ栽培の可能性について 大須賀 未来 

優賞 

野菜A 

 ミニトマト栽培において台木が品質・収益力に与える影響の実証池野 博文 

優賞 

花き 

育苗容器(普通プラグ・MMイージープラグ・ペーパーポット)の違いがトルコギキョウ 

の生育及び品質に及ぼす影響について

田尻 安夢ろ 

 

荒木亮校長より開会の挨拶意見発表の様子審査員の先生方
荒木亮校長より開会の挨拶意見発表の様子審査員の先生方

 

プロジェクト発表の様子農業大学校副校長川口審査員長講評九州大会出場者
プロジェクト発表の様子審査員川口副校長からの講評九州大会出場者。左から坂梨君、市原さん、前田君。





 

 

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 農業大学校
電話:096-248-1188
ファックス:096-248-4432
メール nougyoudaigaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:30191)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.