熊本県

2019女子ハンドボール世界選手権大会 日本代表予選ラウンド突破

最終更新日:

メインラウンド進出を決めた 日本代表

2019女子ハンドボール世界選手権大会予選ラウンドにおいて、日本代表おりひめJAPANは、グループ3位となり、メインラウンドへの進出を決めました。
 

予選終了!メインラウンド出場国が決定しました。

「女子ハンドボール世界選手権大会」全グループ予選が終了。

 いよいよ、メインラウンドが始まります。

【グループA】

1位オランダ 2位ノルウェー 3位セルビア

【グループB】

1位韓国 2位ドイツ 3位デンマーク

【グループC】

1位スペイン 2位モンテネグロ 3位ルーマニア

【グループD】

1位ロシア 2位スウェーデン 3位日本

 

予選ラウンドを勝ち抜いただけあって強豪国がずらり。

国名を見るだけでも迫力を感じます。

「オランダ」「ロシア」「スペイン」、とくに、ロシアとスペインは、予選を全勝通過して圧倒的な強さを誇っています。

ほかにも、グループBを1位通過した「韓国」そして、われらが「日本」にも期待したい!

 

このチームが2グループに分かれ、12月8日(日曜日)から「メインラウンド18試合」が行われます。

また、同日から、プレジデントカップ(13位~24位決定戦)の12試合も開催。

 

 

メインラウンドに勝ち進んだ「おりひめJAPAN!」

明日からの試合も熱戦間違いなしです。

みなさんも会場に応援に行きましょう。

 

がんばれ!おりひめJAPAN!!

 

https://japanhandball2019.com/

おりひめJAPAN


 



 

 



(ID:30036)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.