熊本県

農業大学校 畜産学科「分娩管理システム」利用開始!!

最終更新日:

 畜産学科では、スマート畜舎建設に伴い「分娩管理システム」を導入しました。

 

 11月11日月曜日は、酪農コース1年生の経営実習の時間に、11月下旬分娩予定のホルスタイン種3頭の膣内にセンサーを挿入しました。分娩のおおよそ前日には体温が低下するため、今後、このセンサーが測定した体温の推移を注視しながら分娩の兆候を確認していきます。

 

センサーにストッパーを取り付けセンサーの取り付け方法を確認

センサーにストッパーを装着します。

白色のセンサーが膣内から落ちないよう、しっかりとストッパーをはめ込みます。

 

センサーの挿入膣の奥までセンサーを挿入します

センサーを膣内へ挿入します。

センサーを膣内の奥に留め置き、今後体温の変化による分娩の兆候を確認していきます。



 

 

このページに関する
お問い合わせは

農林水産部 農業大学校
電話:096-248-1188
ファックス:096-248-4432
メール nougyoudaigaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:29760)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.