熊本県

令和元年度拉致問題を考える「国民の集い」in 熊本開催のお知らせ

最終更新日:

 北朝鮮が日本人拉致を公式に認めてから15年以上が経ちますが、いまだ多くの被害者の方が帰国を果たせずにいます。これは単に被害者や被害者のご家族だけの問題ではありません。

 熊本県では毎年12月10日から16日までの「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」を中心に、県内各地で様々な啓発活動に取り組んでいます。その一環として、今年は下記の日程で政府拉致問題対策本部と共同で「国民の集い」を開催します。入場は無料ですが、事前申し込みが必要です(講演会チラシをご覧ください)。

 多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

1 日 時 令和元年12月7日(土曜日)午前10時から正午(午前9時開場)

2 場 所 熊本県庁地下大会議室(熊本市中央区水前寺6丁目18番1号)

3 拉致被害者家族の声

(1)齋藤 文代 氏(松木薫さんの姉)

(2)平野 フミ子 氏(増元るみ子さんの姉)

4 講演内容

(1)演題「北朝鮮よ、姉を返せ!」

    講師:北朝鮮による拉致被害者家族連絡会

       事務局長 横田 拓也 氏(横田めぐみさんの弟)

(2)演題「熊本県教育委員会における北朝鮮拉致問題への取組について」

    講師:熊本県教育庁教育指導局人権同和教育課

 ★講演(1)と(2)の間に主催者である政府拉致問題対策本部より挨拶があります。


 


 

 

 

 

 

 

   

このページに関する
お問い合わせは

商工観光労働部 国際課
電話:096-333-2158
ファックス:096-381-3343
メール kokusai@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:29699)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.