熊本県

外壁等の落下防止対策について

最終更新日:
 

外壁等の落下防止対策について

 

建築物の所有者等のみなさまへ

 

  平成31年(2019年)1月に県内の公共施設の内壁の一部、4月に民間マンションの外壁タイル等が落下し、人的被害が発生しています。

  未然に事故を防止するためにも、建築物の所有者、管理者は法令の定めによりその建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に

 維持するよう努める必要があります。

  建築物の所有者等のみなさまにおかれましては、外壁等の落下事故を未然に防ぐため、ひび割れ、浮き、タイルのはがれ等の劣化・損傷が

 ないか点検し、劣化・損傷があれば早めに補修を行うなど、適正に建築物等を維持管理していただきますようお願いいたします。
  なお、一定規模以上の不特定多数の人が利用する特殊建築物等の所有者等は、法令の定めにより建築物の敷地、構造、建築設備について

 定期に有資格者にその状況を調査させて、その結果を特定行政庁に報告(定期報告制度)しなければならないこととなっています。

 

 (参考)関連リンク

     建築基準法第12条に基づく定期報告制度について 別ウィンドウで開きます

  




このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課
電話:096-333-2533
ファックス:096-384-9820
メール kenchiku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:28742)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.