熊本県

農業大学校 家畜人工授精講習会にて農大生の実習が始まりました!

最終更新日:

 7月22日月曜日から開催されている「家畜人工授精講習会」には本校畜産学科学生19名も参加しています。

 2日間かけて「人工授精」に関する講義を受講し、本日7月26日金曜日からいよいよ農場での実習が始まりました!

 初日の今日は、枠場での牛の保定の仕方や尾の保定法を学び、直腸への手の入れ方を習得しました!

 

4 1 3
 牛を枠場に入れしっかりと保定します     尾の保定を熱心に学ぶ受講生         尾房にヒモを通し結びます
2 5
   ロープを使って保定法の確認      人工授精に必要な尾の保定を繰り返し練習






このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農業大学校
電話:096-248-1188
ファックス:096-248-4432
メール nougyoudaigaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:28681)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.