熊本県

熊本県立美術館 熊本地震と文化財はいよいよ7月7日まで

最終更新日:
 

地震からよみがえった宝たちの展覧会

青貝微塵秋草蒔絵提重
開催中の展覧会「熊本地震と文化財」では、地震で被災し、修復を終えた文化財を紹介しています。
写真は、修復を終えた文化財の一つ。ため息がでるような螺鈿の美しさです。
螺鈿細工のアップ

 

救出された屏風たち
地震直後に市内の商家からたくさんの屏風が救出されました。
地震後休館中の美術館では、乾燥作業を行いました。
屏風の中には、細川家の御用絵師が描いた興味深い作品もあり、本展でご紹介しています。
 
未来に伝えつづけたい、くまもとの宝。
皆さんもご覧になりませんか?
 
展覧会「熊本地震と文化財」は熊本県立美術館本館で7月7日(日曜日)まで開催しています。
 
展覧会について、詳しくは熊本県立美術館ホームページ別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご覧ください。

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会 美術館
熊本市中央区二の丸2
電話:096-352-2111
ファックス:096-326-1512
メール bijutsukan@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:28401)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.