熊本県

難病患者の雇用・継続就労に取り組む企業や事業所をご紹介します

最終更新日:
 

難病患者就労支援事業所インタビュー ~社会福祉法人 リデルライトホーム~

 
 社会福祉法人リデルライトホームでは、「自分を愛するように隣人も愛する」「共に喜び、共に泣く」「心を尽くし、力を尽くし」を法人理念とし、愛と奉仕の心を大切にしながら、高齢者や障がい者がどこにでもある日常を送れることを使命として事業を行っています。
 難病を抱えるケアマネジャーの鬼塚奈美さんも交えて、施設長の中山泰男さん、事務部長の木村准治さんにお話を伺いました。
 

画像

左から 木村さん、鬼塚さん、中山さん

   

 

能力があれば、状態によって区別することはない

 

(県)難病患者の雇用や継続就労に取り組むきっかけや目的は何ですか?

 中山さん:

 誰にでも、難病になったり、障がいを負う可能性はあります。障がいの分野は、支援の仕組みが構築されてきているので、難病の分野でも、患者さんに対するサポート体制が整ってほしいと思っています。その人に能力があれば、状態によって区別することはないですよね。

 

      

(県)鬼塚さんが難病であることを事業所に伝えたときの思いなどを聞かせてください。

 鬼塚さん:

 難病を発症したのは、就職した後でした。病名自体を知らなかったので、完治しないことを医師から伝えられたときには、これから、働いたり、生活したりしていけるのかなと不安でした。だんだん症状がひどくなるなかで、事業所に病気のことを伝えることにしました。

 

 

(県)難病であることを伝えてみて、どうでしたか?

 鬼塚さん:

 いろいろアドバイスもいただいて、とてもありがたかったです。私の場合、職場の理解があったので、相談しやすかったと思います。

 

 
画像

鬼塚さんの勤務風景

 

 

(県)鬼塚さんのような難病患者の雇用・継続就労のために、どんなことに取り組んでいますか?

 木村さん:

 時差勤務出勤の導入と、病院受診などに必要な休みを取得しやすい環境づくりですね。短時間の勤務からスタートして、少しずつ勤務時間を延ばしていくような体制も整えています。勤務シフトも、30分単位で区切って用意しています。病院を受診してから遅い時間に職場に行きたいというニーズにも対応できます。

 

 

(県)取り組みを行ってよかったと思うことはありますか?

 木村さん:

 就労支援を受けている方たちが、仕事に定着しているなと感じたときはうれしいです。人手不足の現状のなか、就労支援の体制を整えて、より働きやすい職場環境づくりを行うことで、人材確保にもつながっていくのではないかと思います。

 
 
画像

事務部長の木村さん

 

 

(県)鬼塚さんは、この事業所へ勤めてよかったと思うことはありますか?

 鬼塚さん:

 まず、病気のことを理解していただけたのが一番助かりました。あまり聞いたこともない病名だと、病気の説明をするだけでも大変なので。難病は、見た目ではわかりにくいことも多く、病状が落ち着いている時期と悪くなる時期を繰り返すので、その辺りを理解していただけたのがよかったです。

 

 

(県)今後の方針や将来像をお聞かせください。

 中山さん:

難病に関しては、これから研究や医薬品の開発が進んで、軽症化したり、あるいは治ったりすることもあるかもしれません。そうなれば、難病患者さんたちも、もっと活躍できるようになるのではないかと期待しています。そうした本人の努力を支えたい。前向きな気持ちのある人を、もっと支えていきたいと思っています。

 

 

 就職活動に取り組む皆さんへ一言

 

木村
 自己アピールも大切だと思います。面接のなかで、必要な情報を企業や事業所に伝える表現の工夫をしてみるといいかもしれません。熊本県難病相談・支援センターでは、就職面での相談もできるそうですよ。
 
画像
 難病は、見た目ではわかりにくいので、理解を得るのが難しいこともあると思います。難病は、基本的に完治することがないので、うまく付き合っていけるような環境を整えることが大切です。難病だから何もできないということはありませんので、何かあったときにフォローしていただける環境が整っていくといいですね。
 
 

画像 

 ○事業所情報

企業・団体名社会福祉法人 リデルライトホーム 

所在地

熊本市中央区黒髪5丁目23-1

H P

 http://www.riddell-wright.com/

事業内容

養護老人ホーム、小規模型ユニット型介護老人福祉施設、地域密着型ユニット型介護老人福祉施設、通所介護事業所、認知症通所介護事業所、訪問介護事業所、居宅介護支援事業所、地域包括支援センター、小規模多機能型居宅介護事業所、住宅型有料老人ホーム、認知症共同生活介護事業所、放課後等デイサービス 等

 



 


 

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康づくり推進課
電話:096-333-2210
ファックス:096-383-0498
メール kenkousuisin@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:26814)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.