熊本県

天草農業研究所が最新の研究の成果を発表

最終更新日:
 2月15日(金曜日)に開催された平成30年度天草地域普及指導活動報告会及び試験研究成果発表会において、農業研究センター天草農業研究所が研究成果を発表しました。
 本報告会及び発表会は、普及指導活動や試験研究成果を地域の農業者や関係機関等に周知するとともに、意見交換を行い効果的な活動へ繋げることを目的に、毎年開催されています(当日の概要は、 開催要領(PDF:172.6キロバイト) 別ウインドウで開きますをご覧ください)。
 当日は、121名の農業者や関係機関の方が出席しました。
主催者あいさつ会場の様子

主催者あいさつ

会場の様子


 天草農業研究所からは、試験研究成果「ヒリュウ台「河内晩柑」における適正葉果比」と「亜熱帯果樹ライチの加温栽培における生育特性及び品種比較」の口頭発表を行いました。
「河内晩柑」果実の7月出荷に向けた貯蔵方法」「亜熱帯果樹ライチの加温栽培における生育特性及び品種比較」

研究成果の口頭発表(1)

「「河内晩柑」果実の7月出荷に向けた貯蔵方法」

研究成果の口頭発表(2)

「亜熱帯果樹ライチの加温栽培における生育特性及び品種比較」


 また、会場内には、「「河内晩柑」果実の7月出荷に向けた貯蔵方法」、「天草地域の早期水稲後における秋作スイートコーン「ゴールドラッシュ90」の定植晩限」のパネルを展示し、パネル前に「早期水稲後作としての秋作スイートコーン有望品種「ゴールドラッシュ90」の特性」「雄穂出穂前の秋作スイートコーンは台風で倒伏しても回復する」などの研究成果情報のチラシを配置しました。

パネル展示(1)パネル展示(2)

パネル展示(1)

パネル展示(2)

 

 試験研究成果発表に先立ち、普及指導活動の報告が行われました。これは、第6回農業普及活動高度化全国研究大会において、農林水産省生産局長賞を受賞した内容です。

 さらに、第58回熊本県青年農業者会議において総合優勝を果たした天草地方青年農業者クラブ連絡協議会のメンバーによる発表も行われ、盛りだくさんの内容でした。

普及指導活動賞状やトロフィーなど

普及指導活動の報告

賞状やトロフィーなど

 

 今回発表した試験研究成果については、こちら別ウィンドウで開きますの「公表年度毎」「平成30年度」及び「平成28年度」から詳細をご覧いただけます。

 今後も随時、各研究所から研究成果を発表していく予定ですので、興味のある方は是非、覗いてみてください。

このページに関する
お問い合わせは

農業研究センター 企画調整部
電話:096-248-6423
ファックス:096-248-7039
メール noukenkikaku28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:26662)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.