熊本県

医薬品副作用被害救済制度

最終更新日:
 

医薬品副作用被害救済制度について

 医薬品副作用被害救済制度は、医薬品等を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用による健康被害を受けた方に対して、医療費等の給付を行い、被害を受けた方の迅速な救済を図ることを目的として、昭和55年に創設された制度であり、医薬品医療機器総合機構法に基づく公的な制度です(再生医療等製品については、平成26年11月25日以降より適用)。

 

あq

 

救済制度相談窓口

詳しくは、「医薬品副作用被害救済制度特設サイト」(http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html)をご覧ください。
救済制度(医薬品副作用被害救済制度、生物由来製品感染等救済制度)の概要、救済給付の請求方法、必要書類、請求書類の様式やその記載方法等について、詳しくご案内しています。

 

この他、電話やメールでも問い合わせを受け付けています。

◎電話でのお問い合わせ 0120-149-931(フリーダイヤル)

※IP電話等の方でフリーダイヤルがご利用になれない場合は、03-3506-9411(有料)をご利用ください。

<受付時間>
月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前9時から午後5時
 

◎メールでのお問い合わせ kyufu●pmda.go.jp(救済制度相談窓口)
(※迷惑メール防止対策をしているため、●を半角のアットマークに置き換えてください。)
 

〈 留意事項 〉

●メールによるお問い合わせへの回答は、
 通常、数日程度の時間をいただいておりますので、あらかじめご了承ください。
 恐れ入りますが、お急ぎのご相談の場合は、
 電話による救済制度相談窓口(0120-149-931)をご利用ください。
 
●メールにお問い合わせいただく内容は、救済制度に関する内容に限らせていただきます。
 救済制度以外の内容のお問い合わせについては、
 回答を差し上げられない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

●携帯電話のメールでのご相談にご返信させていただいた際に、返信不可になる場合があります。
 お手数ですが、救済制度相談窓口宛に、携帯電話からご相談のメールをお送りいただく場合は、
 パソコンからのメールが受信できる設定にしてください。

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉部 薬務衛生課
電話:096-333-2245
ファックス:096-383-1434
メール yakumueisei@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25665)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.