熊本県

終身建物賃貸借制度について

最終更新日:
 

終身建物賃貸借制度とは

「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、高齢者が終身にわたり安心して居住でき、死亡時に契約が終了する相続のない「一代限り」の契約です。

 

 

制度の概要

1.入居者の要件

  以下の(1)、(2)双方の要件を満たすことが必要です。

  (1)入居者本人が60歳以上であること

  (2)入居者本人が単身であるか、同居者が配偶者もしくは60歳以上の親族であること

 

2.対象となる住宅の基準 

  高齢者の身体機能に対応し、段差のない床、浴室等の手すり、幅の広い廊下等を備えたもの等

 

3.入居者が死亡した場合の同居者の継続居住

   入居者が死亡した場合、同居していた配偶者もしくは60歳以上の親族は入居者の死亡を知った日から1月を経過する日

  までの間に事業者に申し出ることにより継続居住が可能です。

 

4.事業者からの解約

  事業者からの解約は以下の場合に限定されます。

  (1)老朽、損傷、一部滅失などにより住宅を維持することができない場合、もしくは回復するのに過分の費用を要する場合。

  (2)入居者が長期にわたって居住せず、かつ、当面居住する見込みが無いことにより、住宅を適正に管理することが困難な場合。

   ただし、入居者の病院への入院又は心身の状況を理由とする場合には、その理由が生じた後に、事業者と入居者が本契約の

   解約に合意している場合に限ります。

  (3)入居者の債務不履行、義務違反、年齢を偽って入居するなどの不正行為、その他社会通念に照らして公序良俗に反する行為、

   事実があった場合。

  ※上記の場合、熊本県庁の承認を受けて、入居者に対して少なくとも6か月前に解約の申し入れを行うことにより、本契約を

   解約することができます。

 

5.入居者からの解約

  (1)療養、老人ホームの入所その他のやむを得ない事情により、入居者が住宅に居住することが困難になった場合

  (2)親族と同居するため、入居者が住宅に居住する必要がなくなった場合

  (3)事業者が県知事から改善命令を受けた場合において、その命令に違反した場合

  (4)解約の期日が解約の申し入れの日から6ヶ月情景化する日に設定されている場合

  ※上記の場合、事業者に対して少なくとも1ヶ月前に解約の申し入れを行うことにより、本契約を解約することができます。

 

6.その他

  入居しようとするものから仮入居の申出があった場合は、終身建物賃貸借に先立ち、1年以内の期間を定めた定期建物賃貸借を

 することができます。

 

資料等



 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 住宅課
電話:096-333-2546
ファックス:096-384-5472
メール juutaku@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:25371)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.