熊本県

モンタナの風便り

最終更新日:
商工観光労働部 国際課 TEL:096-333-2158 FAX:096-381-3343 メール kokusai@pref.kumamoto.lg.jp

モンタナ在住熊本県人によるエッセイ

熊本県と米国モンタナ州は1982年に姉妹提携し、教育、行政、文化、経済など様々な交流が行われてきました。
ここでは、熊本からモンタナへ移り住んだ方の体験を通し、姉妹州モンタナの魅力を紹介します。

 ボーズマンで開かれた熊本県人会イエローストーン国立公園のクマ

           ボーズマンで開かれた熊本県人会              イエローストーン国立公園のクマ

 モンタナの風便り   

  (グラント紀代美、モンタナ州リビングストン在住、モンタナ州熊本県人会副会長)

私の住む町モンタナ州リビングストンは、ノーザンパシフィック鉄道の拠点として、またイエローストン国立公園へのゲートウェイとして発展してきました。西部開拓時代の雰囲気あふれる町並みと雄大なロッキーの自然が世界中から訪れる多くの人々を魅了する小さな町です。

さて、今年も観光客で賑わった夏が過ぎ、ハンティングシーズンが始まりました。モンタナ州では、シカ、エルク、野鳥、クマ、ムース、バッファロー等に今年からはオオカミも加わり、9月より順次狩猟解禁となります。鮮やかなオレンジの蛍光色が目を引くベストと帽子に身を包んだハンターたちが町を歩き、「今年もう何か獲れた?」という会話が挨拶がわりとなる季節です。

この時季に私がいつも思い出すのは、6年前モンタナで迎えた初めての冬のこと。「獲れすぎたから、これ、あげるよ。」と言って友だちがトラックからドーンと降ろしたものは、マイナス15℃の気温でカチンカチンに凍りついた丸ごと1頭のシカでした。「本当にこれ食べるの?」「いったいどうやって切るの?」「外に出しておくとオオカミが来るんじゃない?」「暖かい小屋の中に入れると腐れてしまうのでは?」・・・と、この超ワイルドなお裾わけを囲んで、家族全員で大騒ぎした日が忘れられません。
しかし、そんな我が家もその翌年にはハンティングを始め、今では冬の間の貴重なタンパク源としてシカを1頭撃つのはもはや当たり前のこと、すっかり生活の一部となってしまいました。幸いうちの裏にはハンティングに格好の場所が広がっており、重装備して遠出する必要がありません。毎日がハンティング日和で、気軽にでかけられます。と言いましても、私は暖かい家の中から外の様子を観察するだけの自称情報収集係でして、実際にハンティングに行くのは夫です。何時間も雪山にこもって辛抱強くチャンスを待ち続け、帰りには70Kgもの獲物を引っ張って山から降りてこなければならない夫にとっては、気軽なお出かけとは言えませんね、きっと。

捕獲後の処理も板についてきました。まず、持ち帰ったシカの後ろ足を縛って小屋の天井からつるし、10日間ほど放置して肉が熟成するのを待ちます。10日たったら皮を剥いだり骨をはずしたりする解体作業に入ります。(これは結構大変な力仕事なので夫に任せて、私はここでも口出し係。)大まかに肉を捌き終えたら、ステーキ用、シチュー用、ひき肉用に区別して分け、さらにそれぞれを1Kgずつのパックにして冷凍庫に詰め込みます。最後におまけのお楽しみでジャーキー作りにもチャレンジして、めでたく半年分の食糧確保完了です。

 遠くからみた我が家獲ったシカを吊しているところ

    遠くからみた我が家~ハンティングは裏山で~         獲ったシカを吊したところ

幼い頃から虫も殺さぬ無類の動物好きだった私がハンティングシーズンになると愛すべき動物たちを食糧として見てしまう変身ぶりに、いよいよ私もモンタナの野生人になったかと苦笑してしまいます。少しかっこよく言わせてもらえば、自分が生きるために他の命を食することに感謝する「いただきます」の言葉の意味が理屈抜きにわかるこの頃です。

ところで、私は現在ベッド&ブレックファスト、ゲストキャビン、ツアーサービス業を営んでおります。おかげ様で、イエローストン国立公園観光、フライフィッシング、乗馬、写真撮影等を目的に来られるお客様に恵まれ、今年も忙しい夏を過ごすことができました。日本の皆さんに壮大な自然を満喫していただくために始めたこの仕事ですが、お客様の相手をしながら実は誰よりも私自身が楽しんでいるというのが本当のところです。大好きなモンタナの自然の中で元気いっぱいの家族とやさしい愛犬と共に暮らし、日本人のお客様と楽しい時間を過ごす・・・・こんな贅沢で幸せなことはありません。自然が好きな方、ストレスから解放されてのんびりリラックスしたい方、どうぞ是非モンタナに遊びにいらしてください。

グラント紀代美プロフィール:2003年、熊本市よりモンタナ州リビングストンに移り住む。
                  家族は、夫、息子2人(12歳、10歳)、ジャーマンシェパード犬1匹
                   B&B、ゲストキャビン経営
                   モンタナ紹介ブログ http://yellowstonehorizons.blog90.fc2.com

このページに関する
お問い合わせは

商工観光労働部 国際課
電話:096-333-2158
ファックス:096-381-3343
メール kokusai@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:2262)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.