熊本県

電気配管システム科の訓練生が「熊本県電気工事技能競技大会」に参加

最終更新日:
商工観光労働部 高等技術専門校 TEL:096-378-0121 FAX:096-378-0122 メール kumamotokoukun28@pref.kumamoto.lg.jp
 令和元年10月5日(土曜日)に開催された「第51回熊本県電気工事技能競技大会」に電気配管システム科2年の訓練生 原田 悠史 君(19歳)が参加しました。

 今回の参加者は17名で、原田君はオープン参加として、日ごろ現場で電気工事の仕事をされている16名の競技者に混じって技術を競いました。

 競技時間は150分の予定でしたが、時間内の完成が6名という厳しさであったため、10分間延長して行われました。

 競技課題は金属管、合成樹脂管やケーブル工事だけでなく、通信のLANやTV配線もあり、プロの方たちにとっても相当の時間を掛けて練習しておかないと時間内の完成は難しいものでした。

 競技終了後の審査においても、誤結線もなく、審査委員の方々からお褒めの言葉がありました。

 また、この競技会には3名の本校修了生の参加もあり、うち1名が3位に入賞しました。

 

 写真は競技大会の風景です。

  開会式のようす  合成樹脂管の加工  配管の取り付け

  電線端末処理  配線器具接続  完成

 以下は本人の感想です。

 今回の電気工事技能競技大会に参加できたことは大変良い経験になりました。あとLANケーブルへのコネクタ取り付けだけが

間に合わなかったのが残念でしたが、ほぼ時間内に完成近くまでこぎつけられたことは大変嬉しかったです。

 しかし、競技本番では思ってもいないところでミスがあり、予想以上に時間がかかってしまいました。 

 参加が決まリ、放課後に練習をして、1年次に勉強した電気工事の感を少しずつ取り戻して行きました。

 最初は競技時間より100分近くもオーバーして不安なときもありましたが、練習を積み重ねるうちに少しずつ時間も

短縮することができ、どんどん上手くなって行くことも分かり、自信を持つこともできました。

 競技会に参加して自分の実力もワンステップ上に行けたのではないかと思います。

 来春には、県内の電気工事会社への就職が決まっています。

 早く一人前の技術者になれるように残された訓練期間を精一杯頑張ります。 

 

 

 

 

 

 
 
  
 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

商工観光労働部 高等技術専門校
〒861-4108
熊本市南区幸田1-4-1
電話:096-378-0121
ファックス:096-378-0122
メール kumamotokoukun28@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:22604)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.