熊本県
現在、大規模災害時モードで表示されています。

平成29年度消費者行政に関する首長表明

最終更新日:




シンポジウム写真

 平成30年2月17日(土曜日)、尚絅大学でシンポジウム「地域で防ごう!消費者被害イン熊本~悪徳商法お断り!~」が開催され、蒲島知事の代理で田中環境生活部長が出席し、挨拶をしました。
 挨拶文は下記のとおりです。
                       記
 
 
 

 

本日のシンポジウムの開催を心からお慶び申し上げます。

日本弁護士会連合会および熊本県弁護士会におかれましては、日頃から様々な社会問題の解決に真摯に取り組んでおられますことに、厚く御礼申し上げます。

また、「NPO法人消費者支援ネットくまもと」におかれましては、差止請求権が認められている適格消費者団体として、消費者被害の未然防止に積極的に取り組んでいただき、心から感謝を申し上げます。

さて、熊本地震の発生から1年10か月が経過しました。本県では、復興に向けた道標となる「復旧・復興プラン」のうち、特に県民生活に関わりの深い項目を「熊本地震からの創造的復興に向けた重点的十項目」として選定し、総力を挙げて取り組んでおり、熊本地震からの復旧・復興は、着実に進んでおります。

しかしながら、被災された方々の「すまい」の再建をはじめ、未だ多くの課題を抱えております。その1つに「生活再建」に際しての様々な消費生活上の課題があります。

県といたしましても、被災者の方々の消費者被害の未然防止及び救済に向けて様々な取り組みを進めておりますが、複雑化・多様化するこれらの問題に適切に対応するためには、関係機関・団体と行政が連携し、地域と一体となった取り組みが重要と考えております。

このような中、日本弁護士連合会、熊本県弁護士会及び適格消費者団体NPO法人消費者支援ネットくまもとの皆様方が、「地域で防ごう!消費者被害~悪徳商法お断り!~」とテーマにシンポジウムを開催されますことを大変心強く感じております。

県におきましても、県民の皆さま1人ひとりの豊かな日常生活を守り支えるため、今後とも消費者行政を継続的に推進して参ります。

今回のシンポジウムを機に、関係機関・団体の皆様の連携がさらに強固なものとなり、被災者をはじめ、全ての県民の皆様の消費者被害の防止が図られ、熊本地震からの一日も早い復旧・復興につながることを願っております。

最後に、本日ご参加の皆様方の御健勝と御多幸を心からお祈り申し上げ、御挨拶といたします。

 

                                      平成30年2月17日

                                         熊本県知事  蒲島 郁夫 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

環境生活部 消費生活課(消費生活センター) 企画推進班
電話:096-333-2291
ファックス:096-383-0998
メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:22534)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.