熊本県

SMSでの架空請求

最終更新日:
環境生活部 消費生活課(消費生活センター) TEL:096-333-2309 FAX:096-383-0998 メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp

Q 携帯電話に、大手通販業者の名前で「有料動画閲覧履歴があり未納料金が発生しています。本日中に連絡がない場合は法的手続きに移行します」というSMS(ショートメッセージサービス)が届きました。身に覚えがありませんが、どうしたらよいでしょうか。

A

SMSは、携帯電話の番号を宛先としてメッセージを送受信できるサービスです。事業者はメールアドレスや電話番号が分からなくても、数字の並び替えで不特定多数の人にメールを一斉送信できます。

「法的手続きを取る」と脅かして、SMSに記載した電話番号に連絡させることで、あなたの名前や住所、生年月日、電話番号などを聞き出そうとしています。さらに「調査の結果、未納料金がある。コンビニエンスストアでプリペイドカードを購入してカード番号を伝えるように」「今日中に支払えば後日返金する」などと巧妙な手口で金銭を要求してきます。本当に法的手続きを取る場合は、SMSで連絡することなどありません。これらは、SMSを使って実在する事業者名をかたる架空請求です。絶対に応じないようにしてください。

 また、「民事訴訟管理センター」を名乗り、「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」のようなはがきが届いた場合も架空請求です。過去に利用した業者への未納料金があると思わせ、「訴訟番号」「裁判」「給与の差し押さえ」「執行証書」などの言葉で不安にさせて連絡させようとします。無視してください。不安を感じたら消費生活センターにご相談ください。

このページに関する
お問い合わせは

環境生活部 消費生活課(消費生活センター)
電話:096-333-2309
ファックス:096-383-0998
メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:21586)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.