熊本県

還付金詐欺に注意

最終更新日:
環境生活部 消費生活課(消費生活センター) TEL:096-333-2309 FAX:096-383-0998 メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp

Q自宅に市役所職員を名乗る人から、「医療費の還付金があるので、携帯電話を持ってコンビニのATMに行くように」と電話がありました。一人暮らしのため不安になりました。この電話、信じてもいいのでしょうか。

A市役所等の自治体や年金事務所など公的機関の職員を名乗り、電話で、「還付金があるので携帯電話を持ってATMへ行くようにと言われたら、「還付金詐欺」です。

  還付金詐欺の手口として、本日中に手続きしないと無効になるなど、急かしてATMに誘導し、携帯電話でATMの操作を指示します。相手の指示どおりに操作をすると、還付金の入金のためと言いながら、実は、相手の口座にお金を振り込まされています。

  また、「還付金の送金のために口座番号を教えてほしい」と電話があったとの事例も報告されています。

  行政職員が還付金の支払いのため電話で口座番号を聞いたり、ATMに行くように指示することは絶対にありません。また、還付金がATMで支払われることも絶対にありません。

  貴重なお金を騙し取られないためには、口座番号など個人情報は教えず、相手の氏名、所属、電話番号を聞き、電話を一旦切ってから、家族や警察、消費生活センター等、信頼できる所に相談することが大切です。なお、電話のナンバーディスプレイや留守番電話等の機能を活用して、知らない電話には出ないようにすることも騙されないために有効です。

 

このページに関する
お問い合わせは

環境生活部 消費生活課(消費生活センター)
電話:096-333-2309
ファックス:096-383-0998
メール shouhiseikatsu@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:21369)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.