熊本県

HACCP(ハサップ)関係

最終更新日:
 

HACCPとは

HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointのそれぞれ頭文字をとったもので、「危害分析重要管理点」と訳します。

食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

HACCPは、フードチェーンを構成する食品の製造・加工、調理、販売等を行う全ての食品等事業者を対象に、平成32年(2020年)の東京オリンピック・パラリンピックまでに制度化される予定です。

 

 厚生労働省のHACCPに関する情報はこちら新しいウインドウで(外部リンク)

 

   参考:  熊本県HACCP導入推進要領(PDF:116.6キロバイト) 別ウインドウで開きます


 

このページに関する
お問い合わせは

健康福祉部 健康危機管理課 食品乳肉衛生班
電話:096-333-2247
ファックス:096-387-0167
メール kenkoukiki@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:20536)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.