熊本県

日本遺産の認定について

最終更新日:

日本遺産の認定について

 

日本遺産とは、どんな制度?

 

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定する制度です。創設は、平成27年度でした。

 ストーリーを語る上で欠かせない魅力ある有形・無形の様々な文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内外へ積極的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。

 東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、全国で100件程度が日本遺産に認定される予定。これを機会に、日本を訪れる外国の方々を全国各地に誘うため、各地の魅力発信のためでもあります。

 【文化庁ホームページ】新しいウインドウで(外部リンク)

 

熊本県では、平成27年度に1件、平成29年度に1件認定されました。

認定されたストーリーは下記のとおりです。 

 

 

平成27年度認定日本遺産

●相良700年が生んだ保守と進取の文化 ~ 日本でもっとも豊かな隠れ里 ― 人吉球磨~

申請自治体;◎人吉市・錦町・あさぎり町・多良木町・湯前町・水上村・相良村・五木村・山江村・球磨村

 

 

平成29年度認定日本遺産

●米作り,二千年にわたる大地の記憶 ~菊池川流域

申請団体;◎山鹿市・玉名市・菊池市・和水町

 

日本遺産ロゴ

 

このページに関する
お問い合わせは

教育委員会 文化課
電話:096-333-2704・2705
ファックス:096-384-7220
メール bunka@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:19922)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.