熊本県

類似事例写真集

最終更新日:
土木部 道路整備課 TEL:096-333-2494 FAX:096-384-6121 メール douroseibi@pref.kumamoto.lg.jp

類似事例紹介

トラス橋

トラス橋の解説

トラスとは、橋にかかる荷重を、直線部材で3角形を基本に構成された骨組構造で受 け持つ構造で、19世紀後半から 長大橋に適用されてきた実績の多い形式です。並列する現在の天門橋と同じ構造です。

トラス橋の事例:港大橋     トラス橋の事例:黒之瀬戸大橋

港大橋                         黒之瀬戸大橋   
橋長980m(最大支間長 510.0m)       橋長502.0m(最大支間長 300.0m)

                          出典:社団法人 日本橋梁建設協会
                          日本橋梁協会ホームページ 橋梁年鑑データベース

エクストラドーズド橋

エクストラドーズド橋の解説

エクストラドーズド橋とは、斜張橋の塔の高さを低くした外観の、新しい構造形式の橋です。構造原理はPC桁橋に近く、従来、桁高の範囲に配置されていたPC鋼材を桁の外側へ、大きく偏心して配置したものです。

エクストラドーズド橋の事例:木曽川橋     エクストラドーズド橋の事例:保津橋

木曽川橋                        保津橋
橋長1145m(最大支間長 275.0m)       橋長368.0m(最大支間長 100.0m)

  

アーチ橋

アーチ橋の解説

アーチ橋とは、橋にかかる荷重を緩やかな弧を描くアーチが受け持つ構造です。自重や自動車など垂直方向にかかる力をアーチ曲線の軸方向の力に変換して地面に伝えるため、谷地形で良く用いられる形式です。

アーチ橋の事例:木曽川橋      アーチ橋の事例:新木津川橋

くしもと大橋                       新木津川大橋
橋長290.0m(最大支間長 230.0m)        橋長495.0m(最大支間長 305.0m)

このページに関する
お問い合わせは

土木部 道路整備課
電話:096-333-2494
ファックス:096-384-6121
メール douroseibi@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1936)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.