熊本県

各市町村の地方創生に向けた取組み

最終更新日:
 

地方創生・創造的復興の実現に向けて

 熊本地震により多くの市町村が被災していますが、これまでの地方創生の流れを止めることなく、熊本県全体の創造的復興につなげていくため、県内の市町村をはじめ、民間事業者、地域のまちづくり団体等の連携による創意工夫のもと、地域の特性を生かした様々な取組みが県内各地で始まっています。

 これから随時、地方創生のヒントが詰まった各市町村の取組みを御紹介します。ぜひ、ご覧ください。

 

取組みのご紹介 <第3弾>

H29.1.21 公開

 阿蘇市                                                      人口:27,278人(H28.10月末現在)

 “人”にスポットをあてた地域振興と観光振興の新たな取組みである阿蘇市ブランド「然」の推進により、人口流出抑制と交流人口の拡大を図ることで、将来的な人と仕事の好循環の創出を目指します。  
 ■PDF 阿蘇市の取組概要 新しいウィンドウで

 ■PDF 阿蘇市の連携団体 新しいウィンドウで

 (1)合資会社 阿蘇・六月の風 宇野 忍 氏
 (2)パン工房 豆の木 代表 泊 伸一郎 氏

首都圏での誘致活動 サイクリング・ツーリズムの構築
首都圏での誘致活動 サイクリング・ツーリ

          ズムの構築

 

長洲町                                                人口:16,319人(H28.10月末現在) 

 産学官連携による有明海の干潟保全を図るとともに、企業参入による効率的な生産体制を構築し、漁業者(あさり・海苔養殖業者等)の所得向上や、次世代を担う人材育成により栽培漁業の確立を目指します。
 また、新たな切り口での「金魚を活かしたまちづくり」を展開し、まちの魅力を活かしたしごとを創出します。
 ■PDF 長洲町の取組概要 新しいウィンドウで
 ■PDF 長洲町の連携団体 新しいウィンドウで
 (1)福岡大学 工学部   教授 渡辺 亮一 氏
 (2)「金魚のまちあそび」 代表 村田 明彦 氏

 RTK地盤高測量 海苔乾燥施設
 干潟改善を目指し、 新たに整備された
 福岡大学と連携   海苔乾燥施設

 

 小国町                                                                                                             人口:7,436人(H28.10月末現在)

 小国産の農林産物の中でも特色の強い「小国杉」や「ジャージー牛乳」を町の有力なブランドとして位置づけ、新たな展開によるブランド力の向上と販売促進を加速化するとともに、小規模農業については、循環型農業を推進し、農家所得の向上を目指します。  

 ■PDF 小国町の取組概要 新しいウィンドウで

 ■PDF 小国町の連携団体 新しいウィンドウで

 (1)デザイン事務所”DESIGN ROOM” 伊澤 良樹 氏 
 (2)企画制作会社”WATER&SKY" 代表取締役 原田 泉 氏

 スノーピーク     小国町ロゴマーク
 福岡のアウトドアショッ 伊澤良樹氏デザイ

 プ「snowpeak」に小国 ンによる小国町ロ

 町ブースを設置     ゴ

 

 湯前町                                                                                           人口:4,096人(H28.10月末現在)

 65歳以上の高齢者を町の貴重な”人材”として様々な分野での地域活動等に参画してもらうため、高齢者と町内事業者のマッチングや高齢者版人材バンク制度を構築。また、地域活動などに参画する上で健康面に不安が生じないよう、健康プログラム実施など、高齢者が活力を持って社会参画が出来る町として情報発信し、都市圏からの移住定住を促進します。
 ■PDF 湯前町の取組概要 新しいウィンドウで
 ■PDF 湯前町の連携団体 新しいウィンドウで
 (1)社会福祉法人湯前町社会福祉協議会 事務局長 武藤 勇二 氏

 (2)熊本大学 教育学部        保健体育教授 中川 保敬 氏

湯前町掃除講習 湯前町実習
高齢者版インターン 清掃講習会

シップ制度講習会


 

 水上村                                                                                           人口:2,310人(H28.10月末現在)

 今まで第1次産業の生産、加工、販売がそれぞれに行われてきましたが、今後は(株)みずかみを中心とした水上村産業推進機構が生産技術支援や、市場調査によるニーズにあった新商品の開発等によるブランド化を図り、販路の拡大等による消費の拡大をめざし、村内での仕事を創ります。
 ■PDF 水上村の取組概要 新しいウィンドウで
 ■PDF 水上村の連携団体 新しいウィンドウで
 (株)みずかみ 山の幸館館長 椎葉 信博 氏

産業推進機構 椎茸
産業推進機構設立  水上産ブランド化

(H28.6.28)    の推進

このページに関する
お問い合わせは

総務部 市町村課
電話:096-333-2103
ファックス:096-384-6561
(ID:18669)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.