熊本県

各市町村の地方創生に向けた取組み

最終更新日:
 

地方創生・創造的復興の実現に向けて

 熊本地震により多くの市町村が被災していますが、これまでの地方創生の流れを止めることなく、熊本県全体の創造的復興につなげていくため、県内の市町村をはじめ、民間事業者、地域のまちづくり団体等の連携による創意工夫のもと、地域の特性を生かした様々な取組みが県内各地で始まっています。

 これから随時、地方創生のヒントが詰まった各市町村の取組みを御紹介します。ぜひ、ご覧ください。

 

取組みのご紹介 <第1弾>

H28.11.15公開

 水俣市・津奈木町                                   人口:水俣市 25,531人、津奈木町 4,785人 (H28.8月末現在)

 『初恋のまちづくり』をテーマにしたプロモーションや、高校生と地元企業との連携による、若者の視点を活かした新商品開発のほか、水俣市と津奈木町でシルバー人材センターを共同で運営し、高齢者が多方面で活躍できる環境づくりやソーシャルビジネスの起業支援など、地方創生に向けて多面的に取り組んでいます。
 ■PDF 水俣市・津奈木町の取組概要 新しいウィンドウで
   ■PDF 水俣市・津奈木町の連携団体 新しいウィンドウで
    (1)(有)鬼塚日昭堂                 店長 鬼塚 憲幸 氏
  (2)公益社団法人 水俣・津奈木シルバー人材センター 事務局長 浦 清志 氏

 初恋のまちづくり推進委員会 和紅茶
     初恋のまちづくり     全国地紅茶サミット 

        推進委員会           in みなまた

 

山鹿市                                               人口:53,371人(H28.8月末現在) 

 “新養蚕産業構想” “菊鹿ワイナリー構想” “山鹿灯籠ジャパンブランド構想”という3つの構想をコラボレーションし、農業と観光の連携によるまちづくりにより、新たな雇用の創出を目指します。
    ■PDF 山鹿市の取組概要 新しいウィンドウで
  ■PDF 山鹿市の連携団体 新しいウィンドウで
  (1)(株)あつまるホールディングス 環境事業部長・アグリビジネス部長 島田 裕太 氏
  (2)熊本ワイン(株)        代表取締役社長 幸山 賢一 氏

 ポスター  菊鹿ワイン 山鹿灯籠ポスター“歌舞れ”  菊鹿ワイン

 

 上天草市                                                                                                            人口:28,643人(H28.8月末現在)

 6次産業の商品開発を中心に、販路拡大に向けた取組みや、食を絡めた新たな観光ルートの開発を一体的に取り組むことで雇用の創出を図るとともに、過疎地域の活性化に繋げ、人口減少の抑制を目指します。 
 ■PDF 上天草市の取組概要 新しいウィンドウで
 ■PDF 上天草市の連携団体 新しいウィンドウで

  (1)みずの果樹園 水野 美奈子 氏
  (2)北垣水産   北垣 洋 氏

   検討委員会       海鮮丼 
食を絡めた新たな観光ルートの開発や商品開発の検討

 

 山都町                                                                                           人口:15,919人(H28.8月末現在)

   県内の大学生が起業体験等を行うインターンシップ事業の開催、有機農業希望者が町へ移住する際のワンストップ支援体制の構築、有機野菜のブランド化や福岡都市圏をターゲットとした販路拡大等に複合的に取り組むことで、移住定住の促進や新規雇用の創出を目指します。

   ■PDF 山都町の取組概要 新しいウィンドウで
 ■PDF 山都町の連携団体 新しいウィンドウで
  (株)まちづくりやべ 山の都地域しごとセンター 兼瀬 明彦 氏

 

 物産販売  山都塾
県外百貨店での販売     第1回山都塾

 

 山江村                                                                              人口:3,612人(H28.8月末現在)

 総合戦略におけるあらゆる分野の取組みを一体的に推進する「地域づくり研究所」を開設し、しごと創生分野(「やまえ栗」ブランドの推進と生産拡大・消費喚起)、移住定住促進分野(フットパスなどを活かした交流人口の拡大・移住定住推進)を中心に施策を研究実施することで、雇用の受け皿を創出し、移住者を呼び込みます。  
 ■PDF 山江村の取組概要 新しいウィンドウで

 ■PDF 山江村の連携団体 新しいウィンドウで

  (1)(有)やまえ堂       代表取締役 中竹 隆博 氏
  (2)ケーキ工房ポエム オーナー  寺岡 悟 氏

 

 フットパス(1)    100人委員会
    山江フットパス          100人委員会

  (栗拾い体験等)

 

このページに関する
お問い合わせは

総務部 市町村課
電話:096-333-2103
ファックス:096-384-6561
(ID:17434)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.