熊本県

ミルクロードの冬期対策を強化

最終更新日:

 熊本地震による大規模な斜面崩壊で、国道57号(南阿蘇村立野)は通行不能となり、県道北外輪山大津線(通称ミルクロード)と県道菊池赤水線は、阿蘇方面への主要な迂回路となっています。

 この迂回路は、急カーブが連続する区間を含んでおり、また、標高が高いところに位置していることから、交通量の増大に伴って交通安全・渋滞対策と冬期の積雪・凍結対策を必要としています。

 以上のことから、これまでに、阿蘇市のミルクロード入口の交差点改良、路面標示・道路案内標識の改善、注意看板・視線誘導標・高輝度区画線の設置、仮設トイレの設置などを終え、9月末にはチェーン着脱やスタック車両の待機場所として待避所の整備に着手しています。

 

 今回、新たな冬期対策として、路面状況を確認するなど道路情報の収集機能を強化するため、道路監視カメラ・道路照明灯の整備に着手します。

 また、位置情報の把握を円滑化し事故車や故障車発生時の迅速な対応を促すため、距離標の整備に着手します。

 

 ミルクロード等の交通確保については、国と連携しながら引き続き取り組んでまいります。

 

PDF 報道資料 新しいウィンドウで(PDF:465.8キロバイト)


 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 道路保全課
電話:096-333-2495
ファックス:096-384-6121
メール dourohozen@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:17345)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.