熊本県

建築計画概要書の記入上の注意点

最終更新日:

 

 

建築計画概要書の記入上の注意点

   建築物の確認申請に添付する「建築計画概要書(別記第三号様式)」は、

・自らの敷地の近隣に建築される建築物が違反建築物であるか否か、その建築物により自らの敷地がどのような影響を受けるかなどを

 知らせること

・建築物が確認・検査等の処分を適切に受けているかどうかを確認する機会を与え、買主や借主を保護すること

 以上のことを目的として、建築基準法第93条の2に基づき各特定行政庁の窓口で一般の閲覧が行われる図書であり、長期間保存されるものです。そのため、誤記や記入漏れがなく、法令への適合状況が適切に記載されていることが重要となります。

 つきましては、確認申請の前に記載内容を十分ご確認のうえ、各特定行政庁又は審査機関に提出いただくようお願いします。

■建築計画概要書の記入上の注意点(記入例)

■建築計画概要書(別記第三号様式)様式 

 

※記入事項を訂正する場合は、訂正印、修正テープ等は使用せず、訂正したものの写しを提出してください。

 

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課 建築指導班
電話:096-333-2534
(ID:16890)

別ウインドウで開きます このマークがついているリンクは別ウインドウで開きます

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.