熊本県

教会の見えるチャペルの鐘展望公園

最終更新日:

 

教会の見えるチャペルの鐘展望公園の写真です

碧さを湛える天草灘。
その入り江にある小さな漁港。
崎津地区は、ひっそりとした静かな海の町であるとともに江戸時代よりキリスト教を信仰篤く守ってきたキリシタンの町である。
人々の暮らしの中に溶け込んで佇む崎津教会堂から、505段の石段を登ると東シナ海を見渡すように、鐘楼がそびえている。
対岸の道路から望む町は、さながら風景画のような佇まいを見せている。

建築概要

 展望公園の平面形状は漁村のイメージを魚の形状で構成し、できるだけ現状の地形や原生の植物を活かすようにデザインした。
 チャペルのデザインは河浦町がキリシタン発祥の地であることから、木製の十字架をシンボルとした。十字架を中心とした円形ステージの前には、約130人程度座れるベンチがあり、休憩、屋外礼拝、結婚式、集会、コンサートなど多目的に 利用できる機能を持たせた。
 天然檜材の巨大な十宇架は時の流れとともに自然と融合し、洋鐘の音は定時にこの周辺に響きわたり、ランドマークとして永く人々に語り継がれることを願う。

教会の見えるチャペルの鐘展望公園の遠景です。崎津天守堂も見えます巨大な十字架の写真です

<建築データ>

名称 教会の見えるチャペルの鐘展望公園
ふりがな きょうかいのみえるちゃぺるのかねてんぼうこうえん
所在地 天草市河浦町崎津字村上295
主要用途 公園
事業主体 河浦町(現・天草市)
設計者 梅田正徳+スペースデザイン設計事務所
施工者  
 展望広場 大昌建設
 遊歩道 大宝建設、北野建設
 ポケットパーク 竹下組
 便所 小山建設
 電気 天草設備
 給排水衛生 脇上設備
敷地面積 652m2(展望広場部分)
建築面積 41m2(四阿、便所)
延面積 41m2(四阿、便所)
鐘楼高さ 15.48m
階段 505段
構造 鉄骨造(鐘楼)
仕上 桧板貼(鐘楼)
施工期間 1991年10月~1993年3月
総工事費 392百万円

<建築家プロフィール>

梅田正徳さんの写真です 梅田 正徳(うめだ まさのり)
1941年 神奈川県生まれ
1962年 桑沢デザイン研究所卒業
1967年 A&PGカスティリオーニ事務所入所
1970年 オリベッティ社コンサルタントデザイナー
1981年 メンフィスに参加
1986年 ユーメタデザイン設立
主な作品
メンフィスの家具「俵屋」、エドラ社の椅子「花」シリーズなど28の作品が世界屈指の美術館に永久保存されている
受賞歴
1968年 第1回ブラウン大賞
1990年 日本インテリアデザイナー協会賞、Gマーク公共空間部門大賞
PHOTO:石丸捷一

このページに関する
お問い合わせは

土木部 建築課 アートポリス・UD班
電話:096-333-2537
(ID:1660)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.