熊本県

大長なす

最終更新日:
農林水産部 農産園芸課 TEL:096-333-2387 FAX:096-382-8612 メール nousanengei@pref.kumamoto.lg.jp

特産野菜

大長なす

来歴と現状

昭和50年代から、すいかの後作として導入。連棟のハウスのすいかあとに2月~3月頃定植、3月から12月まで収穫を行う作型で植木町山本を中心に定着している。

特徴

高温で果実の伸びがよく、すいか後のハウスで品質の良い“なす”が生産できる。
通常のナスよりかなり長く60~70cmにもなる品種で、筒状の果形をしているためどこを切っても同じ大きさになり使いやすい。
果皮はややかたいが、果肉はジューシーで軟らかい。 

産地

植木町
※入手可能時期及び場所
4~12月JA鹿本ファーマーズマーケット夢大地館、熊本市内のスーパー等で入手可能

大長なすの栽培風景  大長なす

このページに関する
お問い合わせは
農林水産部 農産園芸課
電話:096-333-2387
ファックス:096-382-8612
メール nousanengei@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:1252)

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。

熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.