熊本県県南広域本部
県南広域本部
サイト内検索

森林(山林、原野等)の開発行為(土地の形質変更等)に関すること

最終更新日:

 きれいな水や空気を育み、様々な災害を防ぎ、私たちの生活環境を守ってくれる森林。
 その森林の働きが、無秩序な開発によって、損なわれるのを防ぐために「林地開発許可制度」が森林法で定められています。

林地開発許可が必要となる森林とは?

 許可の対象になっている「森林」とは、国有林以外の民有林(県有林・市町村有林・私有林等)で「地域森林計画」の対象となっている森林です。
 この「地域森林計画」の区域については、八代地域振興局林務課でご確認下さい。
 ※土地登記簿上の地目は山林とは限りません。

林地開発許可が必要な開発行為とは?

  地域森林計画の対象となっている民有林で、開発行為(土石又は樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為で1ヘクタールを超えるもの)をしようとする場合には、知事の許可を受ける必要があります。

 (開発行為の例)
  ゴルフ場やスキー場の造成、住宅地や別荘地の造成、工場や事業場の設置、土石等の採掘、宿泊施設やレジャー施設の設置、農地や草地の造成、道路の新設など。

 開発面積が1ヘクタール以下の場合は許可を受ける必要はありませんが、「伐採届」を市町村に提出する必要があります。また、隣り合って開発したり、はじめは1ヘクタール以下でも将来的に1ヘクタールを超えて開発する場合は許可が必要です。

許可されるための条件は?

 開発することによって、(1)土砂崩れなどの災害を発生させるおそれがないこと、(2)水害を発生させるおそれがないこと、(3)水源を涵養する働きに支障がないこと、(4)周辺の環境を著しく悪化させるおそれがないこと等が、許可の条件となります。
 具体的には、「熊本県林地開発許可制度実施要項」の中の審査基準をご覧下さい。

許可を受けるための具体的な手続方法は?

 手続方法については、「熊本県林地開発許可制度実施要項」に定めています。

(ID:7485)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.