熊本県県南広域本部
県南広域本部
サイト内検索

お役立ち健康情報(その2)

最終更新日:
球磨地域振興局 TEL:0966-24-4112 FAX:0966-24-5761 メール kusousoumu25@pref.kumamoto.lg.jp
 

健康づくりのプチ情報!この機会に生活習慣を見直してみませんか?お役立ち情報がいっぱい(^^) 

週替わりで健康情報を発信していきます。今週は、第2段!ストレスとお薬についてです!

ぜひ皆さまの健康づくりにお役立てください。

 

できることからはじめよう!健康づくりのための生活習慣改善 

5555

    ストレスからは逃げられない!お酒は飲んでも飲まれるな!健康で楽しく過ごす方法(糖尿病看護認定看護師から情報提供いただきました)
 
 ストレスとは刺激によって起こる反応をいいます。人の心をボールに例えてみると、適度なストレスではボールを押さえてもへこみません。しかし、過剰なストレスはボールが歪んでしまい、変形してしまいます。このように私たちの体の中ではストレスからの影響を受けているのです。
 111

 あなたにとってのストレスはなんですか?
 ・係長の責任
 ・気が強い嫁・お嫁さんの実家暮らし
 ・通勤時の渋滞
 ・多忙・残業
 ・お小遣いが少ない
  様々なストレスがありそうですね。
 
333

 そして、先ほど述べたように、私たちの体の中でどう影響しているかというと、こういったストレスがかかることにより、身体面、心理面、行動面にいろいろな反応を起こします。この反応をストレス反応といいます。

 例えば、ひどく疲れる、落ち着かない、不安、憂鬱、胃痛、頭痛、肩こり、眠れない、眩暈、無気力といった症状があります。
222

 その他に、ストレスがかかると、体が危険から身を守ろうとするために、アドレナリンやコルチゾールといったストレスホルモンが分泌されます。これらのホルモンは、ストレスに対抗できるよう、血糖値を高めて体を活動的な状態にし、インスリンの働きや分泌を抑制します。その結果、血糖値の上昇することが分かっています。また、これらは、血糖だけでなく、血圧も上げると言われています。これらから分かるように、実は、ストレスと糖尿病も関係があったのです。

 
333

 さて、それでは、ストレスと糖尿病の関係性について詳しくお話ししたいと思います。強いストレスを感じている人は糖尿病を発症する確率が45%高くなると言われています。なぜなら、先ほど説明したように、ストレスホルモンは血糖を上昇させる働きがあるので、必要以上にストレスを感じてしまい、その期間が長く続けば、間違いなく糖尿病を発症してしまいます。


 
 
 
 ここでクイズです!
Q:みなさま残業はありますか?厚生労働省の調査では、働く人の約8割が少なからず残業をしているという報告があります。そこで、月に何時間以上残業をすると、糖尿病の発症が3.7倍になるといわれているでしょうか?
 (1)20時間以上  (2)50時間以上  (3)70時間以上
 
 
 
 
 
 
答えは、(2)50時間以上です。月に50時間とは、毎日2~3時間の残業ですぐに超えてしまします。みなさんの残業時間は大丈夫ですか?
 
 
 
 では次にストレス対処法についてお教えします。
 ストレスを軽減するためには、 自分の気持ちのもちようが大きく判断を変化させていきます。 できるならストレスは避けるべきですが、避けられないならば積極的に対処を考えていく必要があります。対処には、問題解決的、感情調性的、回避的の3つがあります。

 このストレス対処行動のことを、ストレスコーピングといいます。

444

ではストレスコーピングの中の3つを具体的に説明します。

(1)問題解決的とは、ストレス要因となってなっている問題を解決ためするために、行動を起こすことです。例えば、スケジュールを立てて計画的に解決していく。また、人に相談をして協力を得て一緒に解決していく。または、これまでやってきた方法を見直し、違う方法で解決してみるなどです。

(2)感情調整的は、まず行動を起こすのではなく、気持ちを高めたりしてから行動を起こすことです。例えば、スポーツ、カラオケ、趣味、旅行などで、気持ちをいれかえて問題解決に立ち向かう等です。

(3)最後の回避的です。回避とはその問題から逃げることです。いつもいつも立ち向かっていては疲れてしまうのではないでしょうか。時には逃げることも必要だと考えるので、回避がいけないとは思っていません。皆様無理はしないように。

 
 
 逆に、間違ったストレス対処法についてもご紹介させていただきます。

555
 食べ過ぎ 飲み過ぎ ギャンブルや衝動買いなどがあります。これらの行動は、問題の解決にはなりませんが、一時的に忘れて気分が晴れることもあります。ただし、度が過ぎると依存症になる危険性があるため注意が必要です。バランスよく対処法を取り入れていくことも大切です。


 


  

 

 

 

 それではみなさんの大好きなお酒についてお話しします。

  

666

ここでクイズです!

 

「それでは乾杯!」と、持ったジョッキにはどのくらいのカロリーがあるのでしょうか?

 
 
 


 

答えはビール200kcal、ウィスキー142kcalです。ご飯やパン一食分に相当します。

 

 
 
  
777
ここでクイズです!
 
「もう1杯!」と注文した日本酒やワインにはどのくらいのカロリーがあるでしょうか?
 
 
 
答えは日本酒200kcal、ワイン160kcalです。こちらも、ごはんやパン一食分になりますね。


 

 

 

ここでクイズです!
では、さらに、お酒が好きな人はこのくらいの量、余裕ですか?
これだけ飲むとどれくらいのカロリーになるのでしょうか。
 
 
 555
 
 
 
 
 
答えは、1200kcalになります。お酒だけで成人男性の一日分の摂取カロリーの半量に値します。
 
 

 アルコールは食欲を増進させ食べたくなる気持ちが強くなります。ついつい飲みすぎ食べ過ぎになってしまいますよね。

また、居酒屋のメニューには油を使った料理が多いのも特徴の1つです。

 

 例えば・・・以下のような居酒屋メニューを1人で食べたとすると、2460kcalとなり、1日分のカロリー量以上となります。

55552222200000

ビール500ml×3=600kcal

日本酒180×2=360kcal

ローストビーフ3枚:160kcal

ホッケ1尾:160kcal

 

9999455

5555

鳥の唐揚げ3個:200kcal

ウインナー4本:240kcal

刺身(中トロ)厚切り6切れ:240kcal

 

そして・・・・

 締めのラーメン:500kcal


 では、どうすればいいのでしょう。

 

999967899988888

鶏のから揚げを・・・

枝豆に代えました。120kcalになります。

刺身(中トロ)を・・・

刺身(赤身)に代えました。120kcalになります。

締めのラーメンを・・・

雑炊に代えました。220kcalになります。

 


 3つを変えるだけで、1980kcalとなります。520kcal減りました。少し気を付けるだけでも変わります!

 

 

 

 正しいストレス対処法について、ストレスと糖尿病の関係、上手なお酒の飲み方等について、ご理解いただけましたか?

 健康で楽しく過ごせるよう、できることから始めましょう!

 
33333

≪ストレス≫

□  ストレスコーピングを活用する

□  リラクゼーションを活用する

≪食事≫

□ 満腹になるまで食べないように注意する

□ カロリーを摂りすぎない

□ 揚げ物を控える

□ 適度な運動を取り入れる

《お酒》

適正飲酒の10箇条別ウィンドウで開きます(外部リンク)を意識する

□お酒のカロリーに気を付ける

 
 555555555555
  重症化予防しよう 糖尿病!(人吉球磨薬剤師会から情報提供いただきました!)
 今までは、糖尿病の予防方法についてお話ししてきましたが、今回は糖尿病のことについてお話ししたいと思います。

(1)糖尿病とは

 血液中のブドウ糖が慢性的に高くなる病気です。

 

(2)糖尿病になる理由

 大きく分けて、インスリンの分泌が少なくなることと、インスリンの働きが悪くなること。

 その原因としてかかりやすい体質と生活習慣(肥満、過食、高脂肪食、運動不足、ストレス、喫煙)があります。

 5
 (3)熊本県の糖尿病の現状(第4次熊本県健康増進計画より)

 熊本県の40 歳~74 歳の糖尿病有病者の推定数は10 万6千人、予備群の推定数は7万3千人(平成23 年度県民健康・栄養調査)です。

 すなわち、県民の40 歳~74 歳の4人に1人が糖尿病有病者・予備群という状況です。

 

 また、空腹時血糖及びHbA1cは、全年代、男女ともに全国平均を大きく上回っています!

33333333333999999(全国を100として比較)

(BMI:25以上 、腹囲:男性85cm以上、女性90cm以上、空腹時血糖:100mg/dl以上、HbA1c:5.6%以上(NGSP)、収縮期血圧:130mmHg以上、拡張期血圧:85mmHg以上、中性脂肪:150mg/dl以上、HDLコレステロール:40mg/dl未満、LDLコレステロール:120mg/dl以上)


(4)糖尿病の合併症

 網膜症、腎症、神経障害や心筋梗塞、脳卒中なども起こりやすくなります。

 
444

(5)糖尿病治療の目標
 糖尿病による合併症を起こさない、また合併症のある方は今より悪くしないことにより、糖尿病がない人と変わらない寿命と生活の質を保つことができます。糖尿病による合併症を予防するためには、血糖コントロールを良好に保つことが大切です。
 

HbA1c(ヘモグロビンエ‐ワンシー):

血糖正常化を目指す際の目標:HbA1c6.0未満

合併症予防のための目標:HbA1c7.0未満

治療強化が困難な際の目標:HbA1c8.0未満

 

2

(6)糖尿病の薬物療法

 食事療法と運動療法を十分に行ったうえで血統コントロールがうまくいかないときには、薬物療法がおこなわれます。

内服薬と注射薬があり、患者さん一人一人に合った薬を処方されます。用法用量を守って服用してください。

ご不明な点がありましたら、かかりつけ医やかかりつけ薬局にご相談ください。 

 
 糖尿病は自覚症状がなくても進行していくので、早めの治療が望まれます。
 この機会に、自分の生活習慣を見直し、糖尿病の予防や重症化予防に努めましょう!
 
 以上、お役立ち情報(その2)でした。次回もお楽しみに。 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは

球磨地域振興局 保健福祉環境部保健予防課
人吉市西間下町86-1
電話:0966-22-5289
ファックス:0966-22-4392
メール kuhohoken25@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:29678)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.