熊本県ようこそ知事室
ようこそ知事室
サイト内検索

平成30年度分(1) 知事への直行便(ご意見・ご提案・県からの回答)

最終更新日:
 

平成30年度分(1) 知事への直行便(ご意見・ご提案・県からの回答)

1 海外チャレンジ塾について  

2 県民運動公園駐車場の利便性向上について

3 熊本県産野菜の安全性について

4 県外の高校等への生徒の流出について

5 防災対策について

 

1 海外チャレンジ塾について

  <ご意見・ご提案の内容>          

海外チャレンジ塾の門戸を広くしてほしい

<掲載>                         

海外チャレンジ塾は中学・高校生を対象として、海外進学への支援とグローバル人材の育成を目的に、平成25年度から講座を開講しています。

 平成28年度までで401名と多くの中高生がこの塾に参加し、そのうち16人が難関大学と言われる米国マサチューセッツ工科大学やワシントン大学などに進学しました。このことから、熊本の中学・高校生の世界へのチャレンジ支援について成果が出ているものと評価しています。

海外チャレンジ塾を受講するにあたっては、(1)海外大学への進学や英語力の養成などに真剣に取り組むことができる、(2)受講前の年度での評点平均値が3.5以上であることを要件にしています。

これは、海外大学では高校3年次までの評定が重視される事情を踏まえたものですが、受講生の決定にあたっては、英語力だけでなく、進路に関する希望や、作文に表現された考え方、意欲などを総合的に評価・審査しています。

私はかつて牧場主になるという夢を抱いて、農業研修生として渡米し、逆境の中で勉学に励み、素晴らしい恩師や支えてくださる方々との出会いの中で道を切り開いてきました。

この経験から、私は海外にチャレンジする際に一番大切なことは、自らの将来に夢を持ち、夢に向かって一歩踏み出し、120%の努力を行うことで、人生の次なるステージを実現していくことだと考えています。

今後も、夢を持ち、海外へ挑戦する生徒が1人でも多く輩出できるよう、県として最大限支援して参りますので、引き続き、御理解と御支援を賜りますようお願い申し上げます。

(平成30年5月:担当課 私学振興課)

  

 

 

2  県民運動公園駐車場の利便性向上について

  <ご意見・ご提案の内容> 

県民運動公園駐車場の利便性向上を進めてほしい。

<掲載>                            

 ロアッソ熊本のホームゲームにおける熊本県民総合運動公園メイン駐車場からのスムーズな退場について、お答えいたします。

御意見のとおり、多くの方の来場があるロアッソ熊本のホームゲーム等において、終了後メイン駐車場からの退出に時間を要していることは認識しています。このため、県では駐車場内の通路を色分けし、退出時に菊陽方面と国体道路方面に車両を分離して誘導できるようにし、退出時間の短縮に努めてきたところです。

また、イベント開催時は、周辺道路の交通量が急激に増加し、渋滞が多くの場所で発生しています。御提案いただいた信号機の設置や駐車場出入口の増設についても、渋滞中の道路に車を出庫させる形にならざるを得ません。

このため、イベントの開催時には、公共交通機関の利用を継続して呼びかけるとともに、シャトルバスでの輸送等による対策を主催者と協議していくなど、自家用車での来場を減らす方策で、渋滞の緩和を図って参りたいと考えています。

今後とも、県民総合運動公園が、利用される皆様にとって快適な施設となるよう努めて参りますので、御理解と御協力をいただきますようよろしくお願いします。

(平成30年6月 担当課 企画振興部地域・文化振興局地域振興課、土木部道路都市局都市計画課、教育庁教育指導局体育保健課) 

 

  

3 熊本県産野菜の安全性につ いて           

  <ご意見・ご提案の内容>

  熊本県産野菜への農薬使用について、安全性は確保されているか

 <掲載>

御意見をいただきました熊本県産野菜の安全性については、県としましても、消費者が求める県産農産物の安全安心を保つことが第一であると考えております。特に、農薬残留基準値を超過した農産物が流通しますと、消費者の健康被害はもとより、産地の信頼を失う事態につながります。

そこで県では、産地において安全安心な農産物が生産されるよう、農薬の適正使用について、農薬を取り扱う販売者や農家、防除業者、指導機関等を対象とした講習会の開催や普及指導員による指導などの他、新聞による啓発活動に取り組んでいます。

また、「熊本県食の安全安心推進条例」に基づき、生産段階及び流通段階の農産物の安全性について、分析機器を保有する県の試験研究機関で、多くの品目の残留農薬分析を実施し、安全確認を行っております。

今後も、安全と安心を前提とした美味しい県産農産物を提供できる産地づくりに努めて参ります。

(平成30年8月回答:農業技術課)

 

 

4  県外の高校等への生徒の流出について

   <ご意見・ご提案の内容>               

県外の高校等に進学している生徒が多いのが残念

<掲載>                

本県の私立高校及び私立中学校においては、各校の建学の精神に基づいた特色ある取組により、魅力向上を図られています。また、県においては、平成22年3月に「熊本私学夢プラン」を策定し、熊本の私立学校の振興と各校の夢の実現を支援して参りました。そして、本県の高校生が夢を見つけ、挑戦し実現させるため「熊本時習館構想」を提唱し、海外大学進学のための海外チャレンジ塾、国内大学進学のための合同学習会、教員の指導力向上研修、スクールソーシャルワーカーの派遣等、生徒や学校の状況に応じた様々な取組を実施して参りました。

これら本県独自の取組に加え、就学支援金等の導入による教育費負担の軽減等もあり、本県の私立高校の生徒数はこの10年間で全国平均の倍以上の伸びを見せています。

また、「時習館構想」を提唱してから10年目となる今年度は、各学校がその魅力を高めるために自らが創意工夫して行う取組を支援する事業を新たに立ち上げ、さらなる私学振興を図っています。

〇〇様の御意見も参考に、今後も、生徒たちの夢の実現に向けて、県として最大限支援して参ります。引き続き、県政への御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。

(平成30年10月回答:私学振興課)

本県の県立高校及び県立中学校においては、確かな学力の育成と個に応じた指導の充実に重点を置き、基本的な知識及び技能を確実に習得させるとともに、これらを活用して課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等を育むことに努めています。

その上で、学習と実社会とのつながりを意識し、目的を持って学ぶキャリア教育を推進しています。

県教育委員会としては、今回の〇〇様からの御意見も参考にさせていただき、今後も、生徒一人一人の学力の充実に向けた教育活動の工夫・実践を重ね、本県の生徒が県内の高校で夢を実現できるよう努めて参ります。併せて、そのような取組の内容や成果について、県内外の皆様に積極的に広報していきたいと考えています。

(平成30年10月回答:高校教育課) 

 

5 防災対策について

  <ご意見・ご提案の内容>                  

県民に対して、どのような防災対策を行っていくのか

<掲載>                            

本県は、これまで、平成11年の台風18号による高潮災害をはじめ、平成24年の熊本広域大水害、平成28年熊本地震など、多くの尊い人命や貴重な財産が失われる未曾有の災害を経験しました。

県では、これらの災害経験を踏まえ、災害による被害を最小化するために、県地域防災計画や防災訓練の内容の見直しをはじめ、防災体制の整備や防災関係機関との連携体制の強化等、防災対策の充実に取り組んでいます。

加えて、日頃から、県民の皆様が高い防災意識を持ち、地域全体で防災活動に取り組んでいただくことも重要であることから、県では、明るいうちに早めに避難する「予防的避難」を全国に先駆けて推進しています。このほか、防災ハンドブックの配布や防災講座の開催、自主防災組織への支援等、県民の皆様の防災意識の向上や地域防災力の強化にも取り組んでいます。

防災を考える点で、災害時に、障がいのある方や高齢者等、配慮を要する方が円滑かつ迅速に避難できるよう、その体制を整えておくことは、大変重要なことです。

そのため、災害発生時において、支援が必要な方の円滑な支援を目的に、市町村は、災害対策基本法に定める「避難行動要支援者名簿」を作成するとともに、避難支援を行う人や避難場所、避難経路等を個別に定める「個別計画」を策定し、必要に応じて避難支援を行うこととなっています。 

県としては、この「個別計画」が、更に実効性のあるものとなるよう、引き続き市町村へ助言や支援を行って参ります。

今後も、災害による被害を最小化するため、様々な防災対策を推進して参りますので、県政への御理解、御協力をよろしくお願い申し上げます。

(平成30年10月回答:危機管理防災課、健康福祉政策課)

 

  

このページに関する
お問い合わせは

知事公室 広報グループ 報道・広聴班
電話:096-333-2026
ファックス:096-386-2040
メール kouhou@pref.kumamoto.lg.jp
(ID:24503)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本県庁   〒862-8570  熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-383-1111(代表)
Copyright(C)2015 Kumamoto Prefectural Government. All rights reserved.